記事

西城秀樹さんの妻が明かした出会いと別れと「最初の脳梗塞」

【2005年、軽井沢で撮った家族写真】

【毅然とした態度で喪主挨拶をする美紀さん】

 2018年4月25日。西城秀樹(享年63)は、いつも通りに約3時間に及ぶリハビリを終えて帰宅し、妻の美紀さん(46才)と母、中学2年生の次男・悠天くんとともに夕食を楽しんでいた。その日はたまたま、高校1年生の長女・莉子さんと中学3年生の長男・慎之介くんは部活動で帰宅していなかったが、自宅2階にあるダイニングで、家族そろっての夕食を囲んだ。

 テーブルに並んだのは、スペアリブ、ポトフ、サラダ、そして秀樹の好物である白いご飯。いつもどおり、肘掛けのある白い椅子に腰を下ろした秀樹は、これらをきれいに平らげる。

 直後のことだった。夜7時頃、秀樹の体は椅子の上で反り返ったまま、動かなくなってしまった。異変に気づいた美紀さんが呼びかけるが、全身が痙攣を起こし、椅子から転げ落ちそうになっている。

「パパ! どうしたの?」

 美紀さんは秀樹を椅子から下ろして体を揺すりながら、次男に「救急車を呼んで!」と叫んだ。

 大学病院の救急救命室(ER)に運び込まれ、処置が始まる。長女、長男、そして事務所のスタッフも駆けつけ、全員が無事を祈り続ける。懸命の治療、そして家族の思いによって止まっていた心臓は再び動き始めたが、医師の口から発せられた言葉は、あまりに残酷なものだった。

「残念ですが、意識が戻る可能性はありません」

 約40分間の心臓停止により、脳に充分な酸素が行き渡らなかったことから、脳死の可能性が高いという説明もあった。「もって1週間」とも。

 それでも、秀樹は生き続けた。意識は戻らず、話もできない状態でも、倒れた日から3週間、これまでと同じように「また言葉を交わせるのではないか」「ステージに立てるのではないか」という淡い希望を、見守る家族に抱かせた。

 しかし、ついにそのときが訪れる。5月16日、深夜。家族が見守るなか、医師の言葉が病室に響いた。

「5月16日23時53分、ご臨終です」

 63才。余りにも早すぎる旅立ちだった。

──あれから半年。妻の美紀さんが『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓した。

「正直に言えば、これまでお話ししてこなかったことを書いて公にすることに、戸惑いもありました」

 美紀さんが言う。

「秀樹さんの症状を病院で先生に伝えたり、のんでいる薬を把握するために書き留めていたノートが数冊あります。病状の変化や日々の食事、担当医とのやりとりをメモにとってきました。秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」

 美紀さんの著書には、知られざる秀樹の素顔、そして過酷な闘病の日々が綴られている。

◆明かされなかった最初の脳梗塞

 秀樹と美紀さんが出会ったのは、美紀さんが、大阪のコンサルタント会社に就職して5年目のことだった。下水道の設計を担当し、作業服やヘルメットでマンホールの中に入ることにも慣れてきたその年の秋、突然、父親に大阪にあるステーキハウスに連れて行かれた。そこで出会ったのが、当時、ドラマの撮影でたびたび大阪に足を運んでいた秀樹だった。美紀さんの父親は、そのステーキハウスを経営する秀樹の姉と親しかったこともあり、秀樹と美紀さんの知らないうちに“お見合い”が設定されていたのだ。

 45才のスターと28才のOLは、初対面ながら、年齢や生活環境の違いを感じさせないほど打ち解けた。

 初めてふたりきりで食事をする日。秀樹は美紀さんを家まで送るため、車を準備していた。ところが「送っていくよ」という申し出を美紀さんは断り、乗ってきた自転車で、颯爽と帰って行ってしまうのだ。

 その後もデートを重ね、出会いから約3か月後の2000年のクリスマスイブ、秀樹は美紀さんにこう告げた。

「きみと一緒に住みたい」

 さらに続ける。

「西城秀樹の妻じゃない。(本名の)木本龍雄の妻になってほしいんだ」

 ふたりは2001年5月7日に入籍し、6月30日に伊豆下田(静岡県)の白浜神社で結婚式を挙げた。新婚生活の真っただ中の2001年秋、小さな異変が起こる。

《仕事を終えて帰ってきた秀樹さんが、「なんか、ふらつくんだよね」と不調を訴えました。「しゃべりづらいような気もする」》(美紀さんの著書『蒼い空へ』より。以下《》内、同)

 病院へ行き検査を受けると緊急入院を余儀なくされた。病名は、脳梗塞。思わぬ宣告に驚愕したが、このときは1週間ほどの入院で事なきを得た。病名は対外的には「二次性多血症」と発表。“再発はない”そう思っていたからこその判断だった。

 さらにこの頃、美紀さんは長女を身ごもっていた。その年、秀樹は47才でパパになった。

 しかし、再発は起きた。2度目の脳梗塞が秀樹を襲ったのは2003年6月。韓国・済州島に滞在中のことだった。秀樹の症状は一度目のときとは比べものにならないほど重く、隠し通すことはできなかった。

 10日間の入院を終えて自宅に戻ると、秀樹はリハビリと同時に、8月半ばから1か月半続く公演のリハーサルを開始した。

 美紀さんと秀樹の二人三脚の闘病はここから始まった。新婚間もない上に、乳幼児2人を抱えて。美紀さんは明るく振る舞い、秀樹の食事のメニューを改善しながら、子供用の食事も作る。まるで3人の母になったような奮闘ぶりだった。

 2005年1月、第3子が誕生する。この頃の様子は著書にこうある。

《将来に対する不安よりも、秀樹さんと同じ、姉、兄、弟の3きょうだいになったことへの喜びへ目を向けていました。そこに希望を見出すことで、現実に立ち向かおうと自分を奮い立たせていたというか、そうでも思わないと押しつぶされてしまいそうでした》

(文中、敬称略)

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

あわせて読みたい

「西城秀樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。