記事

生稲晃子 「とても恥ずかしかった」水着撮影の思い出

現在は女優業のかたわら講演活動も

 AKB48や乃木坂46、欅坂46など、芸能界では大人数の女性アイドルグループが大人気だが、そのルーツとも言えるのが、1985年に誕生した「おニャン子クラブ」。元メンバーで、現在も女優として活躍する生稲晃子が、当時の思い出を語る。

 * * *

 1年2か月のおニャン子生活は本当に楽しかったですし、おニャン子での1分1秒はとても濃い時間でした。解散コンサートツアー中は、終わってほしくない、みんなとずっと一緒にいたいと、淋しくて仕方がなかったことを思い出します。

 この写真はソロになってからのもの。カメラの前で水着や下着になって表情を作るのはなかなか慣れず、とても恥ずかしかったですが、当時は海外での撮影が多く、日常と違う空気、美しい景色の中で、自然に慣れていくことができましたね。

【プロフィール】いくいな・あきこ/1968年4月28日生まれ、東京都出身。1986年6月おニャン子クラブに加入。「うしろ髪ひかれ隊」としても活躍。現在、女優や講演活動など活躍の幅を広げ『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系、月~金、13時45分~)の水曜レギュラー、『スイッチ!!』(東海テレビ、月~金、9時50分~)の火曜レギュラー。「働き方改革フォローアップ会合」民間議員も務める。

撮影■木村晴

※週刊ポスト2018年11月23日号

あわせて読みたい

「アイドル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。