記事

タトゥー裁判控訴審逆転無罪判決

医師免許を持たずに客にタトゥー(入れ墨)を施したとして医師法違反の罪に問われた事件で、大阪高裁が罰金15万円とした阪地裁判決を破棄して、逆転無罪を言い渡したそうである。

記事

この事件は前から注目していて、

ガマンの判決医業の遺業

で原審のあまりにも曖昧な規準が、刑罰法規として許容し難いと思っていたので、今回の判決は自分が弁護人でもないのにドヤ!という感じである。

ただ、そういうことを言いたいのではない。

この事件の主任弁護人は、あのヒラヒラ亀石弁護士である。

いや、報道を見る限り、今回はひらひらしていない。

[画像をブログで見る]

彼女が、判決後自分のツイッターでこうつぶやいた。

主任だけではない。無罪の裏には、人の人生を変えるために、泣いたり、怒ったり、また泣いたりする人がいるのである。

これから上告審が待っているだろう。けして楽な勝負ではない。

しかし、最後の闘いをしっかり勝ちきってもらいたい。

というわけで、とりあえず

泣いたっていいじゃないか。一生懸命だったんだもの。

by としみつを

あわせて読みたい

「タトゥー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。