記事
  • ヒロ
  • 2018年11月15日 11:20

二つの会社の決算に思うこと

日経に面白いくだりがありました。決算担当の記者が大手銀行の決算ではなく、こぞって静岡に向かった、と。いうまでもなくスルガ銀行の決算発表のほうがインパクトがあると考えていたのでしょう。

一方、CMで誰でも知っているあのライザップの決算の行方も注目されていました。飛ぶ鳥を落とす勢いで会社を買収しまくり、同社の株価は仮想通貨並みの8年半で1000倍以上という株価上昇を記録したもののこの1年ぐらいは明らかに息切れ。そこに比較的保守的なカルビーの松本晃代氏を三顧の礼で迎え入れたのはなぜなのか、気になっていました。

二つの会社の通信簿にみる企業経営の難しさに自分の身も引き締まる思いをしています。

まず、スルガ銀行ですが、決算で黒字予想が1000億円近い赤字になることはすでに報じられていたため、記者たちの着目は新経営陣の今後のスタンスにあったと思います。日経には「白馬の騎士、いつ登場」というずいぶんなタイトルの記事もあり、スルガ銀行もここまで言われるのか、とやや日経のトーンに閉口していました。

個人的には今回の最終赤字985億円が保守的に見積もっており、膿を出し切るつもりであるという覚悟と同時にこの会社にはまだそれをするだけの体力が十分に残されていたという点に着目しています。(その言葉通りに取らないのがマスコミでありますが、叩くマスコミの根拠もあまりないのであります。)

また、創業家を含む旧経営陣に訴訟をするとは過去の経営とは決別を意味し、スルガ銀行が全く違う銀行としてスタートを切ることを意味します。責任を明白にした点も対策としてはきちんとしています。(訴訟金額が不満だという訴訟も起こされるようですが、それは意味を取り違えているというものです。)つまり私としてはこの一連の処理には一定の評価をしています。

では今後、同銀行が自力で生き残れるか、ですが、基本は名門銀行であり、すぐには隣接するライバル銀行、静岡銀行や横浜銀行との関係強化にはつながらない気がします。まずは1-2年、どこまで信頼回復ができるか、若い経営者たちが死に物狂いで考え、努力することから再生してもらいたいと思います。もちろん、地方銀行の経営は全般的に苦しいのですが、東海道新幹線沿線の経済基盤はほかの地方都市とは全く違うファンダメンタルズがある点は認知すべきでしょう。この沿線はマネーが行きかうゴールド街道であることは肝に銘じるべきだと思います。その点はあまり指摘されていないと思います。

次いでRIZAPですが、決算予想は159億円黒字予想から驚きの70億円の赤字になる見込みと発表されました。瀬戸社長と松本代表取締役は頭を下げました。記事を読んでいてふと気になったのは松本氏はCOOで来たはずなのにいつの間にか「構造改革担当」に「降格」していた点であります。この人事は調べると10月1日付で瀬戸社長のCEOの肩書が落ち、松本氏からもCOOの肩書が落ちるという経営責任をとるような人事に思えます。この時点で既に内情は相当悪かったということでしょう。

私はこのブログで以前、こういう若い勢いのある会社が旧来型の大企業に刺激を与えてほしいとエールを送っていました。それゆえに「ふたを開けてみたら壊れたおもちゃもあった」ではGEが世界一の企業になるためにひたすら買収を重ねた結果、今のような落ちぶれた二流会社になった道のりと同じになってしまいます。

目立たず、もうからず、飛躍できず、という「三なし」企業を買収して「ライザップ効果で脂肪をとり、筋肉質な企業に作り変えます、あなたもライザップに買収されませんか?」と言わんばかりの宣伝には時間がかかるか、万能ではなかったということになります。

個人的にはこの会社はざっくり5年ぐらいは守りの経営に徹する必要があります。それはおもちゃ箱の片づけは思った以上に大変だからです。経理上、「負ののれん効果」による決算の押し上げ効果がすべて剥離します。さらに経営改善が進まない企業の赤字を抱え込むか、売却損を出す選択肢を今後、進めていかねばならず、本体の黒字にどれだけ侵食するのか、懸念されるところでしょう。

自分も経営者の端くれとして思うのは「いい時」は鼻高々、ところがいつの間にか、形勢が変わっていたということはしばしばあります。踊らない、奢らない、着実に道を進む、これが経営の基本なのでしょう。社業が他と比べてダントツに秀でていることはなかなかあることではなく、両社とも巧みなマーケティングがもたらした幻想のしわを伸ばすことになりそうです。

この教訓は他人事ではなく、自社や自分自身への戒めと思っております。大変、勉強になった二つの会社の決算でありました。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「スルガ銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

  10. 10

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。