記事

米原油先物は下落、供給過剰巡る懸念が再燃


[東京 15日 ロイター] - アジア時間の米原油先物は下落。米石油協会(API)の週報で、原油在庫が予想以上に増加したことを受け、供給過剰を巡る懸念が再燃、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が減産を協議しているとの報道を受けた前日の上昇から再び下げに転じている。

0004GMT(日本時間午前9時04分)時点で、米WTI原油先物<CLc1>は0.33ドル(0.6%)安の1バレル=55.92ドル。北海ブレント先物<LCOc1>はまだ取引を開始していない。

前日はOPECと非加盟産油国が来月の会合で減産について合意するとの観測が高まり、どちらも1%上昇していた。

しかし、APIが14日夜に公表した9日までの1週間の国内原油在庫は、前週比880万バレル増の4億4070万バレルと、アナリスト予想の320万バレル増を上回る伸びを記録。供給過剰への懸念が再燃している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。