記事

【インタビュー】日本にしかない貴重な文化遺産、映画パンフレットの歴史とは

1/2

 日本の映画館ではお馴染みのパンフレット。実はこれがお馴染みであるのは日本だけだ。

 制作秘話や監督・キャストのインタビューに評論家や専門家のレビューなど、映画鑑賞の質を高めてくれる情報がまとまった映画のパンフレット。映画ファンには貴重な情報が満載で、そこでしか読めない情報もたくさんある。

 パンフレットは、日本の映画文化の中でも重要な位置を占めてきたと言っても良いだろう。

 そんな日本の映画パンフレットを掘り下げるイベント 「映画パンフは宇宙だ!が11月20日から開催されるが、今回はそのイベントでも登壇するパンフレットの歴史に詳しい2人の専門家、国立映画アーカイブ主任研究員、岡田秀則氏と映画パンフレットの中古販売を手がける神保町ヴィンテージの店主、帖佐勲氏にパンフレットの歴史と面白さについて語ってもらった。

映画のパンフレットは日本にしかない?

岡田秀則氏(左手前)と帖佐勲氏(中央奥)神保町ヴィンテージにて

――僕はアメリカに留学した時、映画館にパンフレットが売っていないことに驚きました。映画のパンフレットは日本以外では常識じゃないことをその時知ったんですが、実際日本以外の国に存在するんでしょうか。

岡田秀則(以下岡田):一部の超大作はアメリカなどでも作っていたことがあります。『ベン・ハー』や『アラビアのロレンス』みたいな作品ですね。

  ――最近でも作られた事例はあるんでしょうか。

岡田:最近の映画では見かけませんね。

  ――日本のように、公開される映画のほとんどでパンフレットが制作されている国というのは他にあるんでしょうか。

岡田:日本以外にはないと思います。メディア向けのプレスシートはどこの国にもあるでしょうけど、お客さんが買っていく有料冊子がここまで定着した国は他にはありません。

――日本の映画パンフレットはいつ頃始まったんでしょうか。

帖佐勲(以下帖佐):きちんと作られ始めたのは戦後まもなくですね。その時はまだペラペラな冊子のようなものが多かったのですが。戦前のものは、表紙に次回上映の映画の宣伝が入っていて、冊子の中身と表紙が一致していないものばかりでした。

岡田:そうですね、有料で販売されるパンフレットが定着したのは戦後からです。帖佐さんがおっしゃった戦前のものは、映画館プログラムと呼ばれるもので、それぞれの映画館が作っていたものです。略して「館プロ」と呼ばれていました。ただ、戦前にもごくたまに有料のプログラムが制作された例もあります。1929年に日本公開されたフリッツ・ラングの『メトロポリス』などは有料のプログラムが売られていました。

  ――館プロというのは、今の映画チラシに近いものですか。

岡田:サイズはもっと小さくて、B6くらいですね。一枚の紙ではなくて、薄い冊子です。毎週発行されていて、今週の上映作品の解説とか、来週公開の映画はこれですよとか、そういう情報を載せているものでした。

 それがどうして有料パンフレットになったかといいますと、終戦後は紙不足で映画館ごとに作っていたら紙が足りないので、お金を払って買ってもらおうという発想になったからでしょう。おそらく最初に始めたのは東京有楽町のスバル座だと思います。

帖佐:1947年の『アメリカ交響楽』ですね。戦後初のロードショーの時の「SUBARU」です。あれが今のパンフレットの原型なんじゃないかと思います。パンフレットにはSUBARUno.7と印字されてます。no.6までのナンバーはB6サイズの四つ折とかの簡易なものでした。『アメリカ交響楽』から冊子型の内容の濃いパンフが誕生した様です!

『アメリカ交響楽』の1シーン

岡田:スバル座の古いパンフレットは内容も素晴らしいですよね。今では映画公開のことをなんでもロードショーと呼びますけど、本来は、一般上映とは別の、特別先行上映のことをそう呼んでいました。この当時は、パンフレットもロードショー版と一般版があって、ロードショー版は何人もの有名な評論家の解説や評論を掲載したりしていて、読み物としてかなり充実しています。

帖佐:あとリバイバル上映されるとその度にパンフレット作っていました。『風と共に去りぬ』なんて何種類パンフレットがあるのかわからないぐらいです。

  ――なるほど。それだけ購入する人が当時多かったということなんでしょうね。1950年代の邦画の全盛期では相当売れていたんでしょうか。

岡田:おそらく結構売れたと思います。ただパンフレットは洋画から始まった文化ですから、邦画はそれほどでもないかも知れません。そもそも邦画のプログラム・ピクチャーは、1作ごとにパンフレットを制作してないんですよね。

帖佐:僕はそれがすごく残念だなと思います。たとえば高倉健さんとか藤純子さんの任侠映画とかって、あまりパンフレット作っていませんから。勝新太郎さんの座頭市とかのシリーズものも作ってないですよね~。今でも人気のある往年のスターの作品って、あんまりパンフレットないんですよ。時代劇は割と作られているんですけど、任侠モノとか、博打モノ等はパンフレットがあまり制作されてないんですよね。

岡田:特にシリーズものは、映画作りが忙しすぎてパンフレット作る余裕がなかったんでしょう。

帖佐:洋画に関しては、海の向こうからすごいのが日本に来たよということで、パンフレットもじっくり作ろうとなったんでしょうけど、低予算でたくさん作った日本映画は置いてかれたという面はあるかもしれませんね。

岡田:映画資料アーカイブの仕事をするようになってから出会ったディズニーの『ファンタジア』(日本公開1955年)のパンフレットはすごかったですね。フワフワとした柔らかくも品のある紙質で、普通のパンフレットとは全然違うんです。
紙質もすごいんですが、中身も充実していて、一曲ごとに劇中曲の解説があったり、アニメーションの制作過程が載っていたり、当時の一流の音楽家、近衛秀麿が解説文を寄せているんです。

『ファンタジア』の1シーン

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  8. 8

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    円安加速でも消費税廃止訴えるか

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。