記事

公金

先月、何人かの公務員や元公務員と話す機会に恵まれた。
市町村の役場職員と話をして「公金」という言葉を思い出した。

ある元職員がつとめていた町は、平成の大合併で隣村と一緒になった。
合併する町と村は合併後の予算編成を見据え、それぞれどれだけの基金、つまり貯金を持ちよれるか事前に話をしたという。
ところが合併してみたら、村のほうが、持ってくるはずの基金を半分ぐらいしかもってこなかった。
合併前に、「使えるものは使ってしまおう」と使ってしまったらしい。

予算は、政治家や行政の金ではない。住民から集めた「公金」だ。
さて、野田総理は消費増税をなんとしても成し遂げたいようだ。
日本の将来を考えて「不退転の決意でのぞむ」と言われれば「そうなのか」と思わないこともない。
だが、すでにさらなる増税の可能性が報道されている。
3月10日信濃毎日新聞1面。

リンク先を見る

「消費税を10%に上げたあともさらに増税が必要だ」という付則を10パーセント法案に明記するという。
増税をする前から次の増税が必要だといわれると、国の財政に危機感をもっている国民でも納得できない。
「やるやる」といってきた天下り根絶に手をつけない。
政治家と官僚の歳費を削らないようでは、国民のためにではなく、政治家や官僚が自分たちの権利を守るために、いまの仕組みを維持するために増税するようにしか見えない。
復興のために支出が増えるのだから、いままで以上に削れるところは削るのが筋ではないか。
橋下大阪市長が次々と改革を打ち出しても評価されるのは改革の1つに予算の削減、行政運営を身の丈にあったものにしようという姿勢を見せているからだと思う。

国民に痛みを求めるのであれば、政治家や官僚も痛みを共有するべきだ。
自分たちさえ良ければいいのか ?
いまさえ良ければいいのか?
「子どもや孫が大きくなった時の日本が心配だ」という国民の声に応える気のある政治家や官僚はいまの政府にはいないのか。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。