記事

婚活市場をさまよう膨大な数の高齢女性が難民化

【国会前でデモを行う全共闘世代に若者たちは全く共感できない AFLO】

 高齢者が多数となった日本でいま、彼らの婚活が大きな問題を生み出している。『言ってはいけない』(新潮新書)などで知られる作家の橘玲氏が、高齢者の婚活市場で生まれる難民問題について指摘する。

 * * *

「日本人はヨーロッパの難民問題を他人事みたいに思ってますけど、いままさにこの国で深刻な“難民問題”が起きているんですよ」

 そう教えてくれた男性は六十八歳で、定年退職後に事情があって離婚し、余生を共に過ごす伴侶を婚活サイトで探していた。そんな彼が体験したのは、金持ちの男を求めて婚活市場をさまよう膨大な数の高齢女性がいるという現実だ。

 彼女たちの多くはずっと専業主婦で、離婚や死別で一人暮らしになり、わずかな年金しか受給できないものの、資格も就業経験もないのでいまさら働いても満足な収入は得られない。そんな彼女たちにできる唯一のことは、男に尽くして養ってもらうことなのだという。

 そのため、パートナー選びの基準は収入だけだ。年金や投資収入などで年収五百万円あれば、一人の男性に何十人もの女性が群がってくる。年収三百万円でもぎりぎり許容範囲だが、それを下回ると相手にされない。何人かの女性と「お見合い」をした男性がいうには、彼女たちにとっては見た目や性格はもちろん、愛情もどうでもよくて、「働かずにそこそこの暮らしができる」ことがすべてなのだ。

 高齢者の婚活市場が残酷なのは、裕福な男性に対して女性の数が圧倒的に多いことだ。当然、ほとんどの女性は満足なパートナーを見つけられないまま老いていく。そうなると、乏しい年金以外に資産も仕事もなく、生活の糧をもたない彼女たちは生活保護で生きていくほかなくなる。こうして日本社会の底辺に吹きだまっていく姿を目の当たりにして、その男性は「難民」と評したのだ。

●たちばな・あきら/1959年生まれ。2002年国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『言ってはいけない』(新潮新書)、『朝日ぎらい』(朝日新書)、『80's エイティーズ』(太田出版)など著書多数。

※SAPIO2018年11・12月号

あわせて読みたい

「婚活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  4. 4

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  5. 5

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  6. 6

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  7. 7

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  8. 8

    10万円給付コスト「ありえない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    関心すら持たれぬ野党は自業自得

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  10. 10

    履歴書を回し見された…退職検討

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。