記事

羽生結弦が新伝説、過去動画巡り羽生ファンvs高橋ファン

先日は世界最高得点で優勝(共同通信社)

”元王者”の高橋(共同通信社)

「世界最高得点」「世界初の大技成功」──フィギュアスケート五輪2連覇の羽生結弦(23)の“新伝説”誕生に沸いている。

 11月4日、GPシリーズ初戦となるフィンランド大会で、羽生は4回転トーループ―トリプルアクセルの難技を成功させ、ルール改正後の世界最高得点で優勝した。そんななか、ネットで注目を集めた「伝説の動画」がある。スポーツライターが言う。

「羽生が今季滑っているフリーの演目はロシアのエフゲニー・プルシェンコの代表作『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジしたもの。その“元ネタ”を見ようと動画サイトにファンが殺到した。特に、04年のロシア選手権でジャッジ全員が芸術点で満点をつけたプルシェンコの動画は視聴回数120万を超えています。なかには“別格です”と羽生と比較して称賛するコメントや、“今とはルールが違うのだから比較するな”と怒る羽生ファンなど、ネット上で言い合いになっています」

 フィギュア界が殺伐としてきた背景には、バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(32)が4年ぶりに復帰したことがあるという。

「羽生と高橋の熱狂的ファンの折り合いの悪さは有名ですが、高橋の復帰でバトルが再燃。『伝説の動画』で羽生の評価を下げるような話題が出ると“高橋ファンの嫌がらせ”と決めつけた羽生ファンがやり返す。さらに今回、羽生が優勝した同日に高橋が西日本選手権で優勝したので“おめでたいニュースの邪魔をした”と互いに罵り合う状態になっているのです」(同前)

 高橋は西日本選手権優勝で全日本選手権の出場権を得たため、12月には羽生との“直接対決”が実現する。

「会場で久々に顔を合わせる羽生ファンと高橋ファンの間に漂う不穏な空気が心配です」(スポーツ紙記者)

 場外バトルのほうが激しそうだ。

※週刊ポスト2018年11月23日号

あわせて読みたい

「フィギュアスケート」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。