記事

羽生結弦が新伝説、過去動画巡り羽生ファンvs高橋ファン

先日は世界最高得点で優勝(共同通信社)

”元王者”の高橋(共同通信社)

「世界最高得点」「世界初の大技成功」──フィギュアスケート五輪2連覇の羽生結弦(23)の“新伝説”誕生に沸いている。

 11月4日、GPシリーズ初戦となるフィンランド大会で、羽生は4回転トーループ―トリプルアクセルの難技を成功させ、ルール改正後の世界最高得点で優勝した。そんななか、ネットで注目を集めた「伝説の動画」がある。スポーツライターが言う。

「羽生が今季滑っているフリーの演目はロシアのエフゲニー・プルシェンコの代表作『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジしたもの。その“元ネタ”を見ようと動画サイトにファンが殺到した。特に、04年のロシア選手権でジャッジ全員が芸術点で満点をつけたプルシェンコの動画は視聴回数120万を超えています。なかには“別格です”と羽生と比較して称賛するコメントや、“今とはルールが違うのだから比較するな”と怒る羽生ファンなど、ネット上で言い合いになっています」

 フィギュア界が殺伐としてきた背景には、バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(32)が4年ぶりに復帰したことがあるという。

「羽生と高橋の熱狂的ファンの折り合いの悪さは有名ですが、高橋の復帰でバトルが再燃。『伝説の動画』で羽生の評価を下げるような話題が出ると“高橋ファンの嫌がらせ”と決めつけた羽生ファンがやり返す。さらに今回、羽生が優勝した同日に高橋が西日本選手権で優勝したので“おめでたいニュースの邪魔をした”と互いに罵り合う状態になっているのです」(同前)

 高橋は西日本選手権優勝で全日本選手権の出場権を得たため、12月には羽生との“直接対決”が実現する。

「会場で久々に顔を合わせる羽生ファンと高橋ファンの間に漂う不穏な空気が心配です」(スポーツ紙記者)

 場外バトルのほうが激しそうだ。

※週刊ポスト2018年11月23日号

あわせて読みたい

「フィギュアスケート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。