記事

トランプ米大統領、マクロン仏大統領を批判 関係悪化浮き彫りに


[ワシントン/パリ 13日 ロイター] - トランプ米大統領は、前週末のフランス訪問から帰国して間もない13日、マクロン仏大統領を批判するコメントをツイッターに複数投稿した。両首脳は緊密な関係を築いていた時期もあったが、トランプ氏の投稿により関係悪化が浮き彫りになった。

フランスではこの日、2015年にパリで起きたテロ攻撃の犠牲者追悼が行われたが、トランプ大統領はフランスのワイン産業やマクロン氏の支持率について批判的なコメントを相次いで投稿。2つの世界大戦でフランスはドイツに敗戦しそうになったなどともツイートした。

11日にパリで行われた第1次世界大戦終結100周年の記念式典でも、トランプ大統領と欧州各国首脳との隔たりが鮮明になった。

マクロン大統領は記念式典でナショナリズムを強くけん制したが、トランプ大統領は13日の投稿でこれに反論。マクロン大統領の支持率は低いとしたほか、仏ワイン産業の貿易慣行は不公正だと非難した。自身の訪仏に関するメディアのカバーについても不満を示した。

また、マクロン大統領が前週、欧州は中国やロシア、米国から自らを守る必要があるとし欧州軍を創設する必要性に言及したことに関連し、「第1次、2次世界大戦では(フランスを攻撃したのは)ドイツだった。米国が現れるまでパリではドイツ語を学び始めていた。北大西洋条約機構(NATO)に軍事費を払うのか、払わないのか!」と投稿。「フランスほどナショナリストの国はない」との見方も示した。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    ポピュリズム人気は好景気の兆候

    吉崎達彦(かんべえ)

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  8. 8

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  9. 9

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  10. 10

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。