記事

夫婦円満な外資OLが"パパ活"をするワケ

1/2

女性が年上男性とデートをして、見返りにお金をもらう「パパ活」。ヘビーユーザーという44歳の既婚女性は、最難関の理系大学院出身かつ外資系企業に勤務するエリートだ。彼女は「夫婦生活のためにも、自分のためにも、パパ活は大事」と語る。その理由とは――。

※本稿は、坂爪真吾『パパ活の社会学』(光文社新書)の一部を再編集したものです。

■「寂しい気持ち」を紛らわせるために

「男性から頂くお金は『ガマン料』だと考えています」

※写真はイメージです(写真=iStock.com/davidf)

そう語る加納洋子さん(44歳)は、知的な雰囲気の中にも屈託のない明るさがあり、非常に話しやすい雰囲気の女性だ。国内最難関の国立大学の理系大学院を修了し、現在は外資系の企業に勤務している。経歴だけを見ると押しも押されもせぬエリートであり、パパ活の世界とは全く無縁そうな印象を受ける。

洋子さんは、26歳の時に現在の夫と結婚。夫との仲は円満であり、順風満帆な結婚生活を送っていたが、結婚10年目に一度だけ魔が差して、浮気をしたことがあった。お相手は、当時流行っていたゲームのチャットで知り合った独身男性。お互いに遊びのつもりだったが、身体の関係を持った後、夫に対する強い罪悪感に襲われた。

また相手の男性も本気になってしまい、洋子さんに対して「結婚してくれ」と迫ってくるようになったため、怖くなって関係を切った。

40歳の時、今度は別のゲームで他の男性と知り合う機会があった。男性は洋子さんの住む街からかなり遠方の県に住んでおり、既婚者でもあったため、最初は恋愛関係になるつもりは全くなかった。しかし、ゲームを通してやりとりをしているうちに次第に打ち解けて、LINEや電話でも頻繁に会話をすることが増えた。

■「自分が女であることを忘れかけていた」

そうした中で、どちらともなく「そろそろ会って話したいね」という会話が生まれ、月1回程度の頻度で会うようになり、自然に男女の関係になった。

「その人に会ってから、男性に対する価値観が変わりました。彼も妻とはセックスレスの状態で、お互いに寂しい気持ちを紛らわしていたのだと思います。

『僕にとっては、Hしてくれる女性は女神のように思えるんだ』とか、『女性が気持ちよさそうにしている顔を見ているのがいいんだよ』と、自分の言葉で語ってくれる人だった。男の人って、そんな風にHのことを考えているんだ……と分かった時に、男性一般に対する嫌悪感が薄れたんです。それまで男の人のことを知らなさすぎた。

夫とセックスレスになってからかなり時間が経っていて、自分が女であることを忘れかけていたんですよね。そんな時にそういうことが起こると、また女に戻った気がして。その時は、その人のことを好きだったんです。でも、会えない時間が1カ月もある。その時間が辛い。恋愛スイッチが入ったというか……目覚めさせられた感じですね。そこから出会い系サイトを利用するようになりました」

■出会い系の世界にどっぷりハマる

出会いマッチングサイトは、主に大手のYYC、そして2018年に新潟県知事の買春問題でも話題になったハッピーメールに登録していた。

「どのサイトも、登録しては退会して、また登録する……という作業を繰り返すんです。新しい女性が登録すると、男性会員から尋常じゃない数のオファーが届く。そこから特定の相手とやりとりをして、実際に会う相手をスクリーニングしていくわけです。

一対一で付き合う相手が見つかった場合、そのままサイトに登録しているのはバツが悪いので、一旦退会します。しばらくしてその相手との関係が終わったら、違う名前で新しく登録し直して、再び相手を探す……ということを繰り返すんです」

気がつけば、洋子さんは出会い系の世界にどっぷり浸かっていた。そうしたサイトに登録していることは、夫には一切秘密にしていた。

「夫は、多分気づいていないと思います。何も言ってこないし……。もちろん申し訳ないとは思うのだけれども、これまでの二人の関係の積み重ねの結果なので、仕方ないかなと。夫は私を女として見ていないし、私も夫を男として見ていない。

夫は浮気しそうなタイプではないです。仕事が終わると、家にまっすぐ帰ってくるような人。付き合い始めた時から、私は一切浮気はしなかったので、信頼してくれていると思います。私にとって、夫はすごく大切な家族で、かけがえのない存在です。夫がいてくれなかったら、生きていけない。でも、夫が私にとってかけがえのない存在であることと、今の恋愛は別です。裏切っていることがバレたら失うかもしれないけど、バレない自信はある。その自信の根拠はありませんが」

■興味本位でパパ活を開始

そんな中、メディアでパパ活が話題になり始めた。パパ活という言葉を聞いた当初、洋子さんは「そんなものがあるんだ」「若い子を育てて助けてあげたいなんて、裕福で奇特な男性がいるんだなぁ」と感じたが、興味本位でSugarDaddyというサイトに登録してみた。同サイトは、「魅力的な女性を探しているシュガーダディ(男性)と、成功した男性を探しているシュガーベイビー(女性)の、上質な出会いを応援する」と謳っているマッチングサイトだ。

「とりあえず登録してみたのですが、YYCほどではないけれど、すごくオファーが来ました。ただ、実際に男性たちと会っていても、お金をもらうことには抵抗があった。自分がこういうサイトに登録する目的は、あくまで好きな人が欲しいから。恋愛をしたかったんですね。でもその一方で、なんとなくパパ活というものを体験してみたかった、という気持ちもありました」

あわせて読みたい

「出会い系サイト」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  8. 8

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  9. 9

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

  10. 10

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。