記事

下村氏をはじめ、甚だしい「上から目線」

自民党の憲法改正推進本部長の下村博文氏が、野党に対して「職場放棄」と極めて上から目線で述べたことについて、今日、下村氏が衆議院憲法審査会自民党側幹事候補を辞退する、ということを決めたと言われています。

これをもって責任をとったというつもりなのかもしれませんが、私にすれば「それがどうした」という感じ。

なぜならば、自民党の幹事候補だったと言いますが、それは自民党内部の話。国会の中で何ら公式に議論されていることでもないので、内輪のことです。

内輪のことでもって、「ケジメをつけました」と言われても、そもそもこちらが感知していることではありません。

これをもって、ひと区切りだと考えるのは、これまた「上から目線」なことです。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  2. 2

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  3. 3

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  4. 4

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上司無視…モンスター部下の実態

    PRESIDENT Online

  8. 8

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナ死者数に含まれる別の死因

    青山まさゆき

  10. 10

    日本特有文化ではないひきこもり

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。