記事

下村氏をはじめ、甚だしい「上から目線」

自民党の憲法改正推進本部長の下村博文氏が、野党に対して「職場放棄」と極めて上から目線で述べたことについて、今日、下村氏が衆議院憲法審査会自民党側幹事候補を辞退する、ということを決めたと言われています。

これをもって責任をとったというつもりなのかもしれませんが、私にすれば「それがどうした」という感じ。

なぜならば、自民党の幹事候補だったと言いますが、それは自民党内部の話。国会の中で何ら公式に議論されていることでもないので、内輪のことです。

内輪のことでもって、「ケジメをつけました」と言われても、そもそもこちらが感知していることではありません。

これをもって、ひと区切りだと考えるのは、これまた「上から目線」なことです。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。