記事

新人賞を獲った「大谷翔平」秘策は高タンパクの自炊生活

BBWAA公式サイトより

 11月13日(日本時間)、BBWAA(全米野球記者協会)の公式サイトで、ア・リーグ最優秀新人賞(新人王)に選ばれた、エンゼルスの大谷翔平。

 大谷は合計137票を獲得。2位のアンドゥハー(ヤンキース)が89票だったため、大差をつけての新人王獲得だった。

 日本人選手では、1995年の野茂英雄投手(ドジャース)、2000年の佐々木主浩投手(マリナーズ)、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙だ。

 慣れない異国の地で、堂々の成績を残した大谷。その活躍を支えたのは、丁寧な自炊生活だ。

 大谷の食事面をサポートしているのは、管理栄養士の大前恵さん。大前さんは、『週刊朝日』2018年5月25日号でこう話している。

「大谷選手は疑問に思ったことがあればきちんと理解しようとする姿勢が強い。栄養に関しても同様で、食事に向き合う姿勢はあくまで『プレーに必要な身体の材料を入れる』という感覚。『わーい! ご飯だ!』という感じではないんです。

 だから気分に左右されず、どんなときでも、今の自分に必要なものを必要な分だけとる。結果を出す人には理由があるということです」

 春季キャンプでは、大前さんが料理をしたことがない大谷に玉ねぎのみじん切りから教え、さらにオムライスやハンバーグの調理実習も実施。大谷は、シーズン中にオムライスを自ら作り、「料理男子」として成長した。

 岩手日報(2018年11月9日付)によれば、身長193cm、体重92kgの大谷が筋肉を維持するには、1食あたり60gのタンパク質が必要だという。栄養を考えて、大谷は白米と玄米の割合をリクエストしたり、適切な肉を選んでいるそうだ。

 来シーズンは打者として専念する大谷。料理の腕がさらに向上すれば、プレッシャーのかかる「2年目のジンクス」を容易に打ち破ることが可能だろう。

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  5. 5

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。