記事

ハロウィン軽トラ横転事故の撮影者が語る一部始終と心理学的分析

1/2

年を追うごとにハロウィンの時期に渋谷を訪れる人々の数が増え、さまざまな問題が露呈しています。そんな中、今年起きた「軽トラック横転事件」。メディアもこぞって取り上げていましたが、実は無料メルマガ『セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術』の著者で現役精神科医のゆうきゆう先生が現場に居合わせていました。今回の記事ではその一部始終を詳しく記すとともに、なぜこの事件が起こってしまったのかを心理学的に分析しています。

「渋谷ハロウィンの軽トラック横転はなぜ起こったか?」目撃者による心理分析

こんにちは!ゆうきゆうです!

さて最近、渋谷でのハロウィンを見に行ったのですが、その際に軽トラック横転の事件を見ましたので、その報告です。

※映像は当時のTwitter動画からご覧ください。

その後、Twitter・サイトなどから10社以上の報道機関の方から「映像を使わせてほしい」「どんな状況だったのか」とご連絡をいただきました。今まで、たった1日でここまで多くの方に取材を受けたことなかったので驚きでした。しかも「心理学的にどうなのか」とよくいただく形の取材ではないというこの奇跡。

テレビなどで「提供 ゆうきゆう」みたいに記載いただいているのを見て「何であの精神科医がここにいるのか」「ゆうきゆうは人として横転しているのではないか」「横転というより汚点ではないか」というツッコミが重々上がるだろうことを想定しております。

いずれにせよ「どんな状況だったのか」というご取材がすごく多かったため、この場に記載しておこうと思いました。

横転の前の状況について

そもそも渋谷のハロウィンについて、「いつか行ってみたい!」「どんな人がいるんだろう!」「どんなコスプレをしてるんだろう!?」というのは以前からすごく気になっていました。そのため今回、見に行ってみました。「何か起こるだろうから」とかの予感はまったくなく、純粋にハロウィンを見てみたい、という気持ちでした。

センター街の奧、ビルの壁際にマクドナルドが見えるところで、それは起こりました。自分がそこに来て見たとき、軽トラックが、コスプレをした群衆に囲まれていました。そして軽トラックでは、年配の男性が、運転席に座っており、その荷台では、一人の男性がひたすらバク宙をしていました

何だろうこれ。何の見せ物だろう。自分自身、最初に見たときは、コスプレイベントの一貫だと思いました。そもそも、なぜこんな群衆の中に、軽トラックで入ってくるのか。この詳細は分かりません。周りをたくさんの方が囲っており、動くこともできません。そもそもどうやってここまで入ってきたのか。

もちろんですが、クラクションを鳴らしながら強引にでも移動すれば、みんなも道を開けるように思えるので、あえて止まっているのかな、とも考えました。しかも荷台でバク宙している人がいても、何も注意せず、運転席にただ座っていたので、正直「軽トラック運転というコスプレなのかなと思ったくらいです。なぜ軽トラックはその場にいたのか? 本当に色々と謎です。

【A】完全に巻き込まれた、移動したかっただけの人

なのか。または

【B】軽トラックでハロウィンの中に入ってくるというパフォーマンス

だったのか。そもそも、純粋な移動として軽トラックを選定するのも不思議です。渋谷に移動する、すなわち渋谷を活動エリアとしている方が、普通に使用している車が軽トラック…。

何にせよBとして考えられる理由として

1.明らかに移動できなさそうな群衆の中に、わざわざ入ってくるのか?
2.そしてなぜ止まっていたのか?(あの位置まで来た瞬間に急に群衆が増えたとも考えづらいので)
3.しかも上に一人が乗ってる時点で、なぜ何も言わなかったのか?(注意しづらい、とかはあると思いますが、最初の時点では一人でした)
4.なぜ軽トラックという車を選定したのか?

という疑問が湧き、Bの可能性を否定できないと思いますが、何にせよ色々な可能性がありえると思いますので、断定はしません。

まるでゾンビ映画のように、その後、しばらくすると、他の男性だけでなく女性たちも、その荷台に乗り始めました。軽く「お立ち台みたいな雰囲気でした。みんなでその上で踊っている状況でした。さらに彼らの中には「全力ジャンプ」する方もおり、そのため運転席の天井が「ベコン!ベコン!」とヘコんできました。

え、これ、軽くホラーだと。運転手さんが前者・後者どっちであったとしても、さすがにこの状況までは想像しなかったのではないでしょうか。彼らの中にはゾンビ仮装をしている方も多いため、ゾンビ映画で、運転席でどんどんゾンビたちに追い詰められていくような状況です。まぁ、ここまで物理アタック繰り返してくるゾンビも珍しいと思いますけども。たぶん監督に止められる。「そこまではしなくていい」みたいな。

そして事件は起こる。さらにヒートアップしたのか、横から軽トラックを揺らす人たちも現れました。この段階になってくると、上に乗っている人たちも、どんどん降りていきます。それもあって、さらにトラックを揺らす人が調子に乗り始め、車体はグラングラン揺れます。一度は静かになりましたが、再びヒートアップし、車体はさらに大きく傾きます。そのころには、運転手の方も「危険だ」と思われたのか、運転席から出ていました。軽トラックが無人であることもあり、押す人たちはさらに大きく揺らしました。

それがさらに大きく傾き…! ガーン! という音を立てて、地面に横転しました。

「うわーーっ!」
「きゃーーっ!」

群衆からさらに大きな声があがります。「危ない状況」というよりも「すごいものを目撃してしまった!」というお祭りのような雰囲気があったかもしれません。

ただホントこれ、大丈夫かと。ガソリンが漏れて爆発したりしないのだろうか。自分はそんな風に考えたのですが、そんな心配、一切しない方が多いのか、さらにその横転したトラックの上に乗って踊り始める方がおりました。自分が撮影したのはそのときのシーンです。

その倒れた瞬間を捉えられた方の映像は以下のTwitter動画からご覧いただけます。

あわせて読みたい

「ハロウィン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。