記事

29歳女医からプロポーズ…シェアハウスに住むオヤジの実話


40代や50代のシェアハウス住人が急増中だ。そんな彼らは、経験やスキルを生かし、羨ましいハウス生活を送っているというが……。「シェアハウス・ラヴ」の実態を、居住者に訊いた。

「暮らしながら、出会う。」をコンセプトにした日本最大級のシェアハウス、ソーシャルレジデンス蒲田。運営会社のHPでは、ハウス内で恋愛が生まれることを大きくアピールしている。

 257室あるこのハウスで4カ月前から暮らすプロギャンブラー、のぶきさん(46)。個室は6畳、家具付きで、家賃は月8万円。風呂は大浴場だ。

「20代後半の女性の多くは、出会いも求めて入居してきている気がします。一期一会の合コンよりも、交際に発展しやすいと思います」

 このハウスの入居者は男女半々。20代、30代が中心だが、40代以上の男性も40人以上いるから安心だ。バツイチや単身赴任、もちろん普通の勤め人も多い。最近は「カタン」というボードゲームがブームだそう。

「20組以上が、ここで出会った人と結婚したそうです。自分も入居してすぐ、29歳の女医さんからプロポーズされたんです。飲み会の席だったんですけど、何度も『私でいいじゃない?』と言われたので、本気だったと思います。年齢差に躊躇して、チャンスを逃しちゃったんですけれどね」

 のぶきさんも、生涯の伴侶を見つけるため、当分はシェアハウスで暮らすつもりだ。

(週刊FLASH 2018年10月30日号)

あわせて読みたい

「シェアハウス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。