記事

さんまの止まらないLINEに、河本準一・陣内智則が被害報告


 明石家さんまが、芸人たちに送るLINE事情が11月10日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で明かされた。

 河本準一は、さんまから突然、大喜利のような写真が送られてくることを嘆いた。さんまから、自身が上半身裸でフラダンスの格好をしている写真が送られてきて、河本は「どう返していいかわからない」とぼやく。

 仕方なくビニール袋を頭に被った写真を送ると、さんまから「追いつかれたわ」と称賛のコメントが来た。だが河本は「毎日こんなんで怖い」と、さんまが急にLINEで大喜利したがることを迷惑がっていた。

 また、陣内智則は、さんまの止まらないLINEにクレームを出していた。陣内の妻の妊娠が判明し、スポーツ紙に出る前の深夜、さんまに報告のLINEを送った。するとさんまから「俺の後輩も、結婚式でピアノ弾いて浮気して離婚したやつおったわ!」と返事がきて、陣内はすかさず「それ、ワシやないかい!」と返信した。

 するとさんまから「トンビじゃなくてタカじゃない鳥なんやった?」とボケのメッセージが来て、陣内は「ワシやないかい!」と再ツッコミ。

 話を終わらせようと「また安定期に入ったら報告します」と返すと、さんまから「俺もお笑い安定期に入りたい」とまだまだラリーが続いたという。陣内は呆れ顔で「もう子育てに入るから、そういうの本当にやめていただきたい!」と訴えた。

 だが、さんまは「夜中のLINEの相手はしてくれ」と懇願していた。

 さんまは、2015年9月5日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、LINEで『うる星やつら』『タッチ』『ドラゴンボール』『ワンピース』などのスタンプを多用していることを報告。

 LINEトークの感想として「これからのLINE世代は、どんどんトーク下手になっていくやろう」と分析。

 さんまは「電話でウソついたり、逃げるとか隠すとか、ウソがバレるとか、そういうの経てきてんねん。それでトーク上手くなってきてると思う」と電話のリアルタイム会話で、トークの瞬発力を身に着けたことを明かしていた。

 自分の好きなタイミングで返信できるLINE。便利なものだが、さんまの言い分も的を射ている。

あわせて読みたい

「明石家さんま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    日米蜜月にケチつける日本の新聞

    門田隆将

  5. 5

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  8. 8

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  9. 9

    米中の貿易戦争は日本にチャンス

    田原総一朗

  10. 10

    結婚式のスピーチ 秘訣は緊張感

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。