記事

一人で悩まないで、産後女性支える「ドゥーラ」とは

1/2

子どもを産んだばかりの女性の心身への負担は少なくありません。地域とのつながりが希薄になり、また出産が高齢化している中で、昔日本にあった「周りの人が妊産婦を支える」という習慣が減っています。産後に不安やストレスを抱える女性は少なくなく、産後支援の必要性が浮き彫りになっています。産後女性の生活を支える新たな存在、「ドゥーラ」とは。(JAMMIN=山本 めぐみ)

産後の女性に寄り添い、サポート

産後ドゥーラ」は、主にご家庭での育児の導入期(妊娠中~産褥期)に自宅へお伺いして、生活環境の中に入り込んで母親と一緒に「赤ちゃんのいる暮らし」を支える

聞きなれない言葉ですが、「ドゥーラ」とは何なのでしょうか。「産後ドゥーラ」を養成する一般社団法人ドゥーラ協会事務局の有山美代子(ありやま・みよこ)さん(43)によると、「ドゥーラ」の語源はギリシャ語で、「他の女性を支援する経験豊かな女性」を意味するといいます。

「産後ドゥーラとは、妊娠中から出産前後の女性に寄り添い、家事や育児を手伝う人のこと。赤ちゃんが生まれてすぐは、女性は心身ともに不安定な時期。『女性の傍にいる』ということが、すごく重要」と有山さん。

産後ドゥーラの具体的な役割は、「赤ちゃんや上のお子様の面倒を見たり、ご飯を作ったり、お母さんの悩み相談を聞いたり…家庭のあらゆることを“お母さんを中心に”トータルでサポートすること」だといいます。

産後ドゥーラは、家庭にある食材を使い、お出汁をたっぷりと使ったお野菜中心の献立で、産後の体の回復によい料理を用意する。養成講座では、料理についてもしっかり学ぶ

「ご家庭によって生活のリズムは異なります。台所のどこに何が置いてあるかや、お子様やご家族のアレルギーの有無など、あらかじめお母さんにお伺いして、まさにお母さんのサポート役として家庭の様々なことに対応できるようにしています。経験豊かな女性が、その経験を生かして新たにお母さんになる人たちをサポートしていく。そんな循環を作っていくことができたら」(有山さん)

これまでに367名の産後ドゥーラが誕生、各地で活躍中

お話をお伺いした、ドゥーラ協会代表の宗さん(左)と、事務局の有山さん(右)

一般社団法人ドゥーラ協会が開催する「産後ドゥーラ養成講座」は、妊娠・出産・産後(産褥期)・子育てを支えるための知識を体系的に学習できるプログラムとなっており、受講者は4ヶ月かけて支援に必要な知識を学びます。基礎・実習の両講座を終了した後、認定試験(筆記・調理)と面談を経てはじめて、一人前の産後ドゥーラとして活躍できるようになるといいます。

養成講座の授業で。二人一組でパートナーになり、産後に使える手当て法の実習をしているところ

「講座の中で、妊産婦の心身の変化や乳幼児の発達・保育、産後の食事やケアについての知識、育児実習や調理などの家事実習、救命救急実習なども行うほか、妊産婦特有の状況を理解して適切な対応やコミュニケーションを繰り返しロールプレイで学びます。産前産後のお母さんのセンシティブな気持ちを理解し、認めて支え、家事や子育てもサポートする、まさに専門家といえます」(有山さん)

産後ドゥーラとして認定を受けた後は、それぞれ独立した個人事業主として各地でお母さんたちをサポート。2012年3月から養成事業をスタートし、現在までに367名が養成講座を修了、200名以上が各地で産後ドゥーラとして活躍しています。

産後、サポートを受けられない女性が増えている

東京・中野区にある「松が丘助産院」の院長であり、助産師として活躍するドゥーラ協会代表の宗祥子(そう・しょうこ)さん(66)。講演先のアメリカでドゥーラと出会い、「日本にも取り入れたい」と団体立ち上げを決意しました。その背景には、変わりつつある日本のお産の在り方があったといいます。

東京・中野区にある「松が丘助産院」の院長であり、助産師として活躍するドゥーラ協会代表の宗祥子(そう・しょうこ)さん(66)。講演先のアメリカでドゥーラと出会い、「日本にも取り入れたい」と団体立ち上げを決意しました。その背景には、変わりつつある日本のお産の在り方があったといいます。

「昔から日本では、女性は出産にあたって里帰りしたり、自分の親が手伝いに来てくれたりといったことが慣習としてあったが、こういったサポートをうけられる女性が減っている」と宗さん。

助産師として国際協力活動にも力を入れている宗さん。マダガスカルに赴き、助産師としての技術提供と助産師同士の交流を行った時の1枚

その背景には、家庭の在り方の多様化、お産の高齢化、実母世代の就労や介護があるといいます。

「昭和30年代ごろまでは地域に産婆さんがいて、主に自宅で出産することが多く、産婆さんが子どもを産んだ母親を訪問してサポートしていました。日本は家族や地域の人たち皆がサポートするような風習があり、今でも里帰り出産を望む方が結構いらっしゃるのはその風習が残っているから。しかし、こういった姿も、時代とともに姿を消しつつあります」

「地域のサポートに関しては、女性の働き方が変わったということが一つ要因として挙げられるのではないか。
今子どもを産む人たちは、バリバリ働いている人が多い。そうすると子どもを産むために産休に入るまで、地域の人や近隣のお母さんたちと接触がない状態。マンション住まいで赤ちゃんが生まれたからといって、お隣さんがご飯を作ってくれるかといったら、そういうことはほとんどないですよね。それよりも残念ながら『子どもの泣き声がうるさい』といわれてしまうような時代」

「産後ドゥーラ」認定式で。宗さんから直接「修了証」とそれぞれの顔写真入りの「認定証」、そして「ドゥーラエプロン&キャップ」「チラシ(広報グッズ)」が手渡しされる

「赤ちゃんを産む女性が高齢だと、そのお母さん(赤ちゃんのおばあちゃん)もご高齢であることがほとんど。そうすると、たとえばおばあちゃんが70過ぎだった場合、その方自身も健康面から、全面的にサポートすることが難しくなります。あるいは、たとえばおばあちゃんが55歳ぐらいだった場合、今度は上の方の介護をしているということもあるし、50代だとまだバリバリ働いているということもあります。そうすると、1ヶ月介護や仕事を休んで、子どもを産んだばかりのお母さんをサポートすることは難しい」(宗さん)

あわせて読みたい

「出産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  7. 7

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  10. 10

    慶應7年生に?二階堂ふみの卒業は

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。