記事

バスの運転手に絶対に事故を起こさせないための3年毎の脳MRI検査 医学レベルの低い東京都の筋悪の施策

NHKニュースです。(都バス運転手に脳の検査義務づけ)おそらく金曜日のこの番組も影響しているのかもしれません。(バス運転手が気を失ってしまったら…
「同僚に(脳腫瘍が)見つかって早期発見して手術をし回復した。ドライバーにとって、安心だと思います。」

この一例での有効報告。まさに健康食品、これを食べたら調子が良くなったのレベルです。学問としてのエビデンスレベルは最低のものです。

さなざまな病気で考えます。

前回横浜で生じたバス事故は睡眠時無呼吸症候群が疑われていますが、これは脳MRI検査ではわかりません。

また一般的なてんかん(免許制度の根幹ですが)も脳MRI検査ではわかりません。そして初発はいつ起こりかは予想できません。

高血圧で生じる脳出血もよほどのことがない限り脳MRI検査では事前にはわかりません。(高血圧管理、動脈硬化管理など問診、治療は一部有効)

くも膜下出血はまだ予防の意味がありますが(動脈瘤の確認;脳ドックの最初の目的)、手術の意義は価値観の関係上難しい問題です。

また脳腫瘍も、3年に1回の検査がどれだけ適正なのか、腫瘍の発育形式を考えると明らかに学問的、経済的に非効率です。(検査後腫瘍ができて2年後ぐらいに症状が出たらこの脳MRI検査は事故の予防という意味がないものになります。)

以上のように本当に病気の発見においても効率のいいものではありません。

3年間に1回のバス運転手の脳MRI検査の義務付け。正直これで事故をどれだけ予防できるのか都はどのような説明を専門家から受けたのでしょうか。いや都に説明した専門家は誰でしょうか。検査をしていたら様々な病気を全て早期に発見でき予防対処できるという医学的な不可能な対応を肯定した方は誰でしょう。

レベルの低さを表しています。本当脳MRI検査という予防という意味で効率の悪い検査を税金を使って行い、結果はともかく運転手の安全管理をやってますよというポーズを表明するだけ、都の方針は本当できの悪い施策です。(まあ他にもレベルの低い医学的に意味のない都の政策はありますので仕方ないのでしょうが)

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。