記事

【読書感想】本音化するヨーロッパ 裏切られた統合の理想

1/2


本音化するヨーロッパ 裏切られた統合の理想 (幻冬舎新書)


Kindle版もあります。


本音化するヨーロッパ 裏切られた統合の理想 (幻冬舎新書)

内容紹介
アフリカからの難民をイタリアが堂々と受け入れ拒否し、EU内では政権参加するポピュリズム政党が増加、ロシアの軍事的脅威には徴兵制復活の動きで対抗する……。ギリシャの共通通貨ユーロ離脱は一応回避し、外からは一見、落ち着きを取り戻したかのように思える欧州。だが、エリートたちが懸命に目指そうとする理想とは裏腹に、普通の人々の生活レベルでの不満は鬱積し、むしろ深化していた――。9年半のベルリン特派員経験を持つ著者が、緊張の現場を丹念に取材。米・英に続く、ヨーロッパの「本音化」というべき現象が、EUの協調を崩し、世界の衝突の震源地となる!

 移民排斥の動きやギリシアの経済危機、イギリスのEU離脱など、EUは揺らぎ続けています。

 第二次世界大戦後、少なくとも加盟国間での戦争はなかった、という大きな功績がある一方で、経済格差や地理的な移民問題への温度差もあり、次第に、同床異夢、という状況になってきているのです。

 2008年の世界金融危機を発端とし、2009年から10年近く続くユーロ危機によってユーロ域内の不均衡は拡大し、2015年から本格化した難民の大量流入によって、治安や文化喪失(identity crisis)への不安は増大している。

 普通の人々は、エリートが享受するようにはグローバル化の恩恵に浴することはできない。かつての手厚い福祉からも見放された、いわゆる「忘れられた人々」、あるいは「声なき声」にとって、生活悪化、不安の一番の原因は、勝手にグローバル化を推し進める組織としてのEU、それを主導する政治経済エリート、ジャーナリストである。

 左右ポピュリズムとも、解決の道を国家機能の強化に求める。右派はユーロの解体による国民経済の再建や移民・難民受け入れの制限を主張し、左派は社会政策による貧富の格差の解消を求める。ポピュリズムがナショナリズムと結びつきやすいのは、反グローバル化がその核にある以上、自然なことだろう。

 右派ポピュリズムの政策には、極端な排外主義や、法の支配や多元主義という先進社会の基盤を掘り崩す危険性、左派の社会的平等を求める政策は、単なるばらまき政策に陥る危険性がある。

 しかし、ポピュリズムを無責任な大衆が、扇動的な政治家に操られて起きている一過性の現象と見ると、今ヨーロッパで起きていることの本質を見失う。ユーロ危機と難民危機に直面した市井の人々が取っている、防衛的な異議申し立てと見た方が本質を突いている。先進国の政治の役割を人々の現実の必要にこたえるプロセスとするならば、ポピュリズムはむしろ既成政党よりも素直に民意をくみ上げる機能を果たしているとも言える。ヨーロッパの多くの国で中道右派、左派の既成政党が没落したのも故無しとしない。危機がすぐには解決できない性格のものである以上、その危機に根ざしたポピュリズム現象も当面続くと見なければならない。

 この本は、著者が2017年9月に約3週間、ヨーロッパ各地で取材したことを基に書かれています。

 ヨーロッパ各国の人々は「ポピュリストに騙されている」というよりは、自分たちの現実の生活のなかで、グローバル化というものから受けている恩恵よりも不安を強く感じていて、その結果として、移民排斥や排外主義の立場をとるようになっている、ということなんですよね。

 もちろん、グローバル化によって、安い製品を買うことができる、というようなメリットもあるのですが、仕事を失ったり、地域の風習や生活習慣が変わっていったりすることへの恐怖感のほうが、ずっと上回っているのです。

 経済的な「勝ち組」としてEUを牽引しているドイツも、近年は、理想と現実とのギャップに苦しんでいます。

 著者は、難民認定を待つ人々が滞在する「仮宿泊所」の一つを訪問し、そこで、事務局長のアンドレア・コッペルマンさんに取材しています。  

 コッペルマンは話を続けた。そして、棲み分けはダメ、という考え方を述べる。

「『仮宿泊所』は3、4家族が一つの部屋に住む。一人で来た人は12〜13人で一つの部屋に住む。個室はない。手洗いは共同。

 宿泊所によっては出身国が同じ人々が集まっているところもある。我々は200床と小規模なので、職員と難民の間、難民相互の関係も非常に近い。彼らは戦争や排外主義があるところから逃げてきた。だからここでは排外主義を許さない(笑)。排外主義を除去するように試みている。

 我々はイラン人、イラク人、エリトリア人だろうと、誰であろうと歓迎だ。誰でも歓迎だから多くの人がドイツに来る。ドイツがリベラルな国であるという希望を持って多くの民族がやってきている。それ故、戦争をしていた相手の民族に対する排外主義は、戦場を離れれば忘れるべきだ。それが難しいことは知っている。

 音がうるさい、午前3時まで電話をする、汚い、ゴミを下に持っていかない、といった理由で部屋替えを要求することは認められる。しかし、同じ部屋の人間が『間違った国』から来た、イラク人だからいやだ、という理由で替えることは認められない」

 日本であれば、仮に同じような条件で難民を受け入れねばならないとしたら、違う民族、宗教の集団を同じ部屋に収容することは避けるだろう。それが、ほぼ確実にトラブルを生み出すことが予測できるからだ。実際、ドイツメディアも収容所内での違う民族、宗教集団間の暴力行為の頻発を報道している。


あわせて読みたい

「グローバリズム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  7. 7

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  8. 8

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  9. 9

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  10. 10

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。