記事

「パパ活」で荒稼ぎする女性を止める方法

1/2
※写真はイメージです(写真=iStock.com/kokouu)

日本で売買春は違法行為だ。では「パパ活」はどうだろうか。若い女性が「パパ」と呼ばれる男性と食事やデートをして金銭を受け取ることで、違法とは言い切れない。しかし他人に迷惑をかけなければ、何をしてもいいのだろうか。哲学者の岡本裕一朗氏がビジネスパーソン向けに行った講座から一部を紹介しよう――。(第3回、全3回)

※本稿は、岡本裕一朗『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』(早川書房)の第6講「ビットコインは国家を揺るがす」を再編集したものです。

■「自由」にはいろいろな意味がある

【岡本】経済活動において自由をどこまで認めるべきか。この問題を考えるためにまず、「自由」という概念について掘り下げてみましょう。

一口に自由といっても、哲学的にはいろいろな意味があるので、誰が唱えている「自由」を考えるのかがポイントになります。

ジョン・スチュアート・ミルの『自由論』が、一番古典的なものでしょう。おそらく日本でも、自由の概念はミルの考えに一番近いだろうと思います。ミルの自由論は小学生や中学生でも必ず知っている考え方です。世界的にも、ここ200年ほど主要な学説になっています。

正式には「他者危害則」といい、俗名は「自己決定原則」です。他人に危害を与えない限り何をしてもいい。日本風にいいかえると、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいけれど、他人に危害を加えることは許されない。他者に危害を与えるか与えないかで、自由が許されるかどうかが決まるというのが、ミルの自由論の基本です。

■「私の勝手」vs. パターナリズム

たとえば女性が奇抜なメイクをしたからといって、それが他人に危害を加えるのかどうか。「こんなことをしたら人に笑われる」とか「趣味が悪い」といわれるのは、彼女自身がそれをどうとらえるかの問題です。その人自身の不利益になる行ないは容認するのがミルの考え方で、他人に対して危害を与えることは基本的には許されないけれど、自己危害については放置します。

こうした姿勢を「パターナリズム(父権的温情主義)を禁止する」といいます。

もともと「パター」が語源的に「お父さん」からくるので、お父さんのように子どもを守り、おせっかいを焼くのがパターナリズムの基本です。

ミルの考え方は、「他人に迷惑をかけなければ私の勝手でしょ」というものですが、その「私の勝手」に対して、いやいやそんなことをするとあなたが困るよ、それはあなたのためにならないですよとやめさせるのがパターナリズムです。日本ではパターナリズムが多く見られるといわれます。

「おせっかいはやめて」と主張することは、「愚行権」という言い方をします。愚かな行ないも、それは私の問題であって、他人がとやかくいうことではない、ということです。

■「私の体を使って働いて得たものは私の自由」か

ミルの自由論の他に有名なのは、同じイギリスの思想家、ジョン・ロックの自由論です。彼は二つの自由論を説きました。

一つめは身体自由論。私の身体は私のものであって、それをどうしようと私の自由であるという考えです。

二つめは労働自由論といい、私が労働によって得たものは私のものであり、それをどうしようと私の自由であるというものです。「自分で働いたお金をどのように使っても私の自由」という感覚は、みなさんお持ちではないでしょうか。

身体自由論と労働自由論を合わせると、「私の身体を使って働いて得たものは私の自由」となります。これは正しいと思いますか、間違っていると思いますか?

■美容整形の自由論

たとえば美容整形を考えてみましょう。最近では日本でもかなり受け入れられてきました。「本人が望むのであれば反対する理由はない」と考えるのであれば、自己決定原則だからミルの自由論です。「自分の身体をどうしようとそれは本人の勝手」と考えるのはロックの自由論です。

あるいは、「美容整形で本人の心が明るくなるのならばやったらいい」という考え方もありえます。これは誰の考えでもないですが、ポジティブ思考というべきでしょうか(笑)。

「人は見た目が10割」という考え方もあります。いうなれば、ニーチェの考えです。ニーチェは弱者のルサンチマン(逆恨み、嫉妬)を批判するのですが、「人間顔より心が大切」という世間の道徳は、「顔」で勝負できない弱者のルサンチマンに聞こえます。

ミル、ロック、ニーチェまで並べると、なかなか崩せそうにないですね。

ここで、次の問題を考えてみましょう。

あわせて読みたい

「売春」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  5. 5

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。