記事

FRB、緩やかな利上げ継続すべき=米サンフランシスコ連銀総裁


[アイダホフォールズ(米アイダホ州) 12日 ロイター] - デーリー米サンフランシスコ地区連銀総裁は12日、米経済は最大雇用に到達しているか、それを超えており、インフレ率は来年にかけて2%目標を多少上回る見込みとした上で、連邦準備理事会(FRB)は緩やかな利上げを継続すべきとの考えを示した。

総裁は前月就任したばかりで、公の場での発言は初めて。「われわれは政策行動を取り、様子を見て、経済の反応を確認してから行動を繰り返す。こうした段階的アプローチによって得られる情報は、その後の政策調整の速度と規模を決定する上で重大な役割を果たす」と語った。

総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

利上げペースは経済動向に左右されるとし「FRBは自動操縦で政策運営をしているわけではなく、四半期ごとの利上げはあらかじめ決まっていない。われわれは常時データを注視しており、必要に応じて金融政策を調整する」と強調した。

また、足元の経済は「非常に良好」で、労働市場は活況を呈し、インフレ見通しも「非常に心強い」が、その一方で、教育や労働参加率などの向上において多くの課題が残されているとも指摘。とりわけ米国では育児休暇に関する法整備が確立しておらず、女性の労働力が十分活用されていない恐れがあるとの考えを示した。

総裁は講演後記者団に「私の見通しでは、今後2回か3回(の利上げ)を予想している。時期は明確ではない」と述べた。

次の利上げは来月になるかとの質問に対しては「それで確定だと述べるのは時期尚早だ。今から12月まで、経済が今後どのような状況になるかをみる時間がかなりある」と説明した。FRBは次回の会合で金利の誘導目標レンジを2.25─2.5%に引き上げると予想されている。

景気を冷やさず過熱もさせない「中立的な」金利水準に向けてFRBは段階的に利上げを行うべきだと主張し、中立的な水準は2.5─2.8%だとの見方を示した。

「きょう中立水準はどこかと聞かれたら、恐らくレンジ中央の約2.7%だと答える」と語った。一部の政策当局者が提案しているように「制限的な」金融政策にFRBは来年移行する必要があるかとの質問に対しては、そうした議論をするにはまだ早すぎるとの見解を示した。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    外国人が感じる日本の不思議文化

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。