記事

NATO加盟国の負担増を狙うトランプは激怒。 - 11月12日のツイート

サウジ記者殺害事件ばかり注目を集めているが、イエメン情勢も酷い。反政府組織フーシと暫定政権が内戦。前者はシーア派でイランが、後者はスンニ派のサウジが支援。市民の犠牲が多く、サウジの軍事介入に国際的批判。米軍もサウジ空軍への空中給油を停止。日本のメディアもしっかりと報道してほしい。

レーガン政権時代には、ホワイトハウスで大統領補佐官と議論したこともあるが、レーガンは「強いアメリカの復活」を謳い、軍拡によって米ソ冷戦を終わらせた。「偉大なアメリカの復活」がスローガンのトランプは、どのように世界を変えたいのか。中国を標的にしているが、冷戦終結のような大義がない。

「戦前日本の在日朝鮮人参政権」についての連載で中断していましたが、今日からブログで連載「舛添要一のヒトラー入門」を再開しました。第11回目です。ナチス統治下のフランスです。今日は第一次大戦終結100周年記念日。パリで式典が行われています。https://ameblo.jp/shintomasuzoe/entry-12418344731.html…

今日、2018年11月11日は、第一次世界大戦が終結した100周年記念日である。若い頃、留学して欧州の現代史を研究した。第一次大戦に従軍した人たちの話を聞いたり、激戦地を訪ねたりした。フランス人は「la guerre de 14(1914年の戦争)」と呼ぶ。今、その欧州で米露対立が深まり、軍拡になりそうだ。

マクロン仏大統領が、中露のみならずアメリカからも欧州を守るため、米国抜きの独自の欧州軍を編成する考えを示した 。これは仏の伝統的思想であるが、NATO加盟国の負担増を狙うトランプはこれに激怒。そのためか、悪天候でヘリが飛ばないという理由で、第一次大戦の追悼式典に欠席。子どもみたいだ。

風疹が大流行。妊婦がかかると、赤ちゃんに障害が起こる危険性。予防接種は1976年に開始、対象は女子中学生のみだった。1995年から男女1歳過ぎに接種。接種が最大の予防策なので、早期の接種を!妊婦のパートナー男性は特に。30代~50代の男性に患者が多い。感染防止には手洗い、うがい、マスクが有効。

※この記事は舛添要一氏のツイートを時系列順に並べたものです。

都知事失格
都知事失格
posted with amazlet at 17.10.12
舛添 要一
小学館
売り上げランキング: 50,463

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    判決を尊重 文大統領口滑ったか

    tenten99

  2. 2

    女性用風俗が急増 性意識に変化?

    AbemaTIMES

  3. 3

    橋下氏 批判覚悟で徴用工に持論

    AbemaTIMES

  4. 4

    ゴーン騒動が問う日本人の品格

    郷原信郎

  5. 5

    アパマン株価急落 爆発が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    児相反対は南青山住民のエゴか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    徴用工は国際法対応を見直す契機

    篠田 英朗

  8. 8

    HUAWEI騒動はトランプ戦術の典型

    WEDGE Infinity

  9. 9

    英EU離脱でリーマン超える衝撃も

    緒方 林太郎

  10. 10

    福岡刺殺事件 Hagexが残した功績

    中川 淳一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。