記事

『ポツンと一軒家』取材対象者が感じたスタッフの“熱さ”

【『ポツンと一軒家』なぜ面白いのか(画像提供/ABCテレビ)】

【現地調査を全く行わないのが番組のポリシー(画像提供/ABCテレビ)】

 山深い道、ガードレールのない崖っぷちを、男たちを乗せた車が走る。久しぶりに人の気配が感じられる場所に出ると、農作業をしている人の姿が! 男たちはすかさず車から降りて、「すみませ~ん!」と声をかける。そうした“聞き込み”を何回も何回も繰り返してやっとたどり着いた一軒家には…!? 検索すれば何でも出てくる時代にあって、筋書きなし、予測不能の探索バラエティー『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系、毎週日曜夜7時58分~)が話題となっている──。

「誰!? 何!? どういうこと!?」。静岡県浜松市の山奥で暮らす竹細工職人・鈴木げんさん(43才)は、玄関の開き戸を開けた瞬間、何が起きているのか理解できなかった。

「あの日は部屋の掃除をしていたんです。そうしたら玄関から『こんにちは~』って声が聞こえる。午前中から誰だろう、と。不思議に思って見に行くと、黒いポロシャツを着てひげを生やした若いお兄ちゃんが立っている。隣ではカメラを持った人もいるし、ただただもうびっくりですよ(笑い)」

 Google Eatrhの衛星写真からポツンと建っている一軒家を探し出し、その家をひたすら目指すという『ポツンと一軒家』。事前調査は行わず、とりあえず現地に撮影クルーを送り込むのが、番組のポリシーなのだという。

 竹細工職人・鈴木さんは、3年前から築130年、25畳の和室がある古民家にひとり移り住み、竹のかばんを作っている。加工するときに火を使うので、隣人の迷惑にならないようにと探して見つけたのが、竹も採取できる山奥の一軒家だった。鈴木さんは、突然のアポなし訪問に驚いたものの、すぐにスタッフと打ち解けたと笑みを浮かべる。

「直感的に『悪い人たちじゃなさそう』と思ったんです。それに、取材を受けるうちに、スタッフのみなさんの“熱さ”がしっかり伝わってきた。特にカメラマンのかたから技術や仕事の話を聞いているうちに、『あ、職人なんだ』と気づいた。カメラと竹、扱うものは違うけれど職人同士、心が通じるところがありました」(鈴木さん)

 しかし、現場に行っても、鈴木さんのように「人」が住んでいることは珍しい。10軒連続で空き家に当たってしまい、迫り来るオンエア日に冷や汗を流しながらロケを続けることもザラだ。

 だからこそ、スタッフにとっては、すべての放送回が思い出深い。だがあえて、「印象深かった放送回」を選んでほしいと番組プロデューサーの植田貴之さんに頼んでみた。

「強いて挙げるなら、今年1月に放映された『桜』の回でしょうか。長野県北安曇郡にある桜並木『花めぐり桜街道』の先に住み、ご自身の土地に4000本の桜を植えた男性の話です。10回の手術を受けて『余命半年だ』と言われても、明るく前向きに桜を植え続けていたら、余命を通り越して元気になった、というお話をうかがってオンエアしたんです。当時は冬だったので、その後桜が咲く頃、改めてスタッフが自宅にうかがうと、番組を見た人がたくさん桜を見に来ていました。本人もお元気で、その姿を見て『おじいちゃんに会って話したかった、会えてよかった』と泣き出す人までいたんです」(植田さん)

 鈴木さんも番組の影響力を痛感したと言う。

「長く音信不通だった高校時代の恩師や同級生が番組を見てくれていたのに感動しました。先生が『立派になったな』って泣きながら電話をくれたり、同級生とSNSでつながったり。卒業から何十年も経って、連絡を取り合えるなんて思ってもいませんでした」

 番組の知名度も上がり、最近ではロケ先で「その番組、知ってる!」と協力してもらえるようになった。さらには番組宛てに「この県のこのエリアに、一軒家があるから調べてほしい」と“ポツン情報”が届くこともある。

「そういう情報は、ありがたく感じながらもスタッフ一同、涙をのんで絶対見ないようにしています。下調べなしで現場に行く、そこで起きるトラブルも含めたリアルさこそが、番組の魅力だと考えているからです」(植田さん)

 ドラマの詰まった“ポツン”はスタッフのガツンとした心意気に支えられていた。

※女性セブン2018年11月22日号

あわせて読みたい

「テレビ朝日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  5. 5

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  6. 6

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  10. 10

    処理水見送りにみる菅首相の気質

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。