記事

外国人労働者受け入れ拡大を移民政策といわない不思議

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法(入管法)改正案について、国会での審議入りを巡って与野党で駆け引きがありましたが、13日の衆院本会議で審議入りすることになった、と報じられています。政府は、経済界からの強い要望で、外国人労働者の受け入れを拡大することにしていますが、移民政策には反対の安倍政権のコアな支持者である保守層に配慮してか、移民政策ではないと言い続けていることが、現実の姿とかい離していると思います。

法務省によると、昨年末で日本で暮らしている在留外国人は約256万人いて、移民を受け入れを積極的に進めている諸外国に比べると少ない人数ですが、京都府の人口に匹敵するそうです。この1年で約18万人増えて、増加率も高くなっています。超少子高齢社会の日本で、持続可能な生産を続けるには、もちろん女性や高齢者が働きやすくすることも大事ですが、すでに外国人労働者がいないと成り立たない企業などが増えています。

外国人を受け入れるなら、再三指摘しているように「労働力」が入ってくるのではなく、「労働する人」が入ってくるので、環境整備が必要です。ところが、生煮えのまま出されている政府の改正案について、次々に移民を否定するような、働く人の人権を考えないような考え方が明らかになるので危惧しています。

ひとつは、外国人労働者の扶養親族について、医保保健の適用に国内居住要件をつける、ということ。日本人の場合は、海外に居住している家族にも適用されるので、公平ではないと思います。しかも、10年以上たたないと家族を呼び寄せられない仕組みなので、人権問題と考えられます。

また、技能実習制度の課題をそのままにして、そこから転換できることが考えられていますが、パワハラやいじめによって自殺する人が絶えません。行方不明になっている実習生が2018年上半期に4279人もいて過去最高だった昨年のペースを上回っているのですから。そして深夜まで働いても時給300円というケースもあると報じられています。

また、法務省は、永住許可のガイドラインを見直して、日本に10年以上暮らし、このうち5年以上は就労資格などを持っていなければならないという規定について、技能実習生や新たに創設する特定技能1号で滞在している間は、この5年に含めない方向で検討している、ということ。このように、都合のよい労働力を入れるという身勝手な仕組みで、入ってくる労働者の人権を守らないようでは、働く場所として日本は選んでもらえないと思います。

拙速に生煮えの仕組みを、この臨時国会で作るのではなく、もっと時間をかけて、移民政策をどう考えるのかなど基本的なところから、国会で議論してもらいたいものです。

あわせて読みたい

「出入国管理及び難民認定法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。