記事
  • S-MAX

コンテンツビジネスのサブスクリプションモデルへの回帰。通信業界とサブスクリプションモデルの親和性やその注意点について考える

1/2
通信業界におけるサブスクリプションモデルについて考えてみた!

今年も残すところあと2ヶ月弱となりました。通信業界も慌ただしく1年を終えようとしていますが、各大手通信キャリアやアプリメーカーにとって2018年を振り返った時、大きな話題の1つとしてコンテンツ内課金モデルの急激な失速があります。ゲームにおける課金ガチャが最も端的な例ですが、人々の射幸心を煽るようにして課金を促す方式が通用しなくなり始めたのです。

その一方で、数年前から再び見直され始めた課金方式があります。それがサブスクリプションモデルです。いわゆる定額課金方式と呼ばれるもので、月額料金を支払ってサービスや商品を定期購入するのが分かりやすい例ですが、Apple MusicやGoogle Play Musicといった音楽のストリーミング配信サービスやNetflixのような動画配信サービスといった月額の通信系サービスが主流化し、iTunes Storeのようなコンテンツ購入型サービスが勢いをなくしたあたりからも、サブスクリプションモデルへの人々の「回帰」が始まっているように感じられるのです。

一般的な流通を考えた場合、サブスクリプションモデルというのはデメリットも多くあまり成功しないイメージが強いのに、なぜ通信業界ではこういったモデルの導入が加速しているのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は通信業界とサブスクリプションモデルの親和性やその利用における注意点などを解説します。

定額課金モデルは通信業界と相性が良い?

■「モノ」の定額サービスは成功しづらい

まずはじめに、サブスクリプションモデルと呼ばれる課金方式が「うまくいかない」理由から解説しましょう。例えば月額30~50ドル程度で毎月衣料品が送られてくる定期配送サービスなどが数年前に米国で流行しましたが、その多くは失敗しました。理由は簡単、人々はそんなにたくさん服を必要としなかったのです。

同じように月額料金を支払い食材などが送られてくるサービスはいくつもありますが、その多くは失敗し、生き残ったサービスもそれほど流行る兆しを見せません。最初は毎日食材が送られてくることに感激し「これは便利だ」と喜んでも、1日外食しただけで食材が余ってしまったり、必要以上の食材が送られてきて処分に困ってしまうなど、様々な「小さな面倒」が毎日積み重なってストレスとなり、結局やめてしまいます。

これらのサービスの失敗には共通点があります。それは「送られてくるものが物質である」という点です。「モノ」は届けば自宅に溜まっていきます。それが消耗品であっても上記の食材のように日々の消化を忘れたり滞らせればそれだけで溜まります。人は「不要な溜まったモノ」を見るたびにサービスに掛かる料金を思い出し、そして嫌気が差して解約するのです。

買物は楽しい。しかし買えば買うほど家に溜まっていく

■利用するストレスを感じさせない「非・物理」サービス

しかしこの「モノが溜まっていく」ストレスと無縁のサービスがあります。それが通信業界におけるコンテンツサービスです。コンテンツは手元のスマートフォン(スマホ)や自宅のPCで視聴しますが、そこに溜まることはありません。ダウンロード販売方式であれば物理的なメモリー領域を大量に消費しますが、ストリーミング配信であれば一定容量以上のメモリー領域を使うこともなく、モノが溜まっていくストレスに悩まされることはありません。

ここがコンテンツサービスとサブスクリプションモデルの親和性の高さの最大のキーポイントです。人々は月額契約をしたあとは一切の手間もなくコンテンツを好きなだけ利用できます。もちろん利用しなくても問題ありません。コンテンツサービスの提供側としては、この「利用しなくても良い」という部分が最大のメリットであり、ユーザーがサービスを利用しなくても解約しない限り定額収入を得られ、安定したサービス運営が可能となるからです。

これが物理的なモノのサービスであれば上記のような理由で解約が増えますが、コンテンツサービスは「見えない」ために解約自体があまり進まないというのも大きなメリットです。人々はサービスを契約したこと自体を忘れてしまうことすら少なくありません。自分の携帯電話料金の支払額が妙に多くて請求書を見直して、初めて不要なコンテンツサービスを契約し続けていたことに気がついた経験は恐らく誰でもあるでしょう。また解約手続きが面倒でどうしても後回しにしがちです。

通信会社の請求書自体、毎月精査している人はそれほど多くはないだろう

あわせて読みたい

「課金システム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  5. 5

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。