記事

西野亮廣 ネットと地上波で別人の顔を見せる理由は?

【西野亮廣はネットと地上波で別人(イラスト/ヨシムラヒロム)】

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣は最近、ネットではビジネスパーソンとしての一面が強調されつつある。その西野亮廣のネット番組『株式会社ニシノコンサル』(AbemaTV)について、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、2000年代前半に放送されていたリアリティ番組『マネーの虎』や、地上波テレビ番組で見せる西野自身の姿と比べながら考えた。

 * * *
 先日、編集者Tとルノアールでお茶をした。死ぬほど甘い黒蜜ミルクを飲みつつ、取材原稿の話をする。それが一区切りすると、Tは「キングコングの西野亮廣ってどう思いますか?」と僕に尋ねてきた。良い感情は持っていないので言葉を濁していると、続けて「あの人、すごいっすよ!」と熱っぽく語り始める。

 現在、西野はビジネスの世界で一目置かれた存在だという。クラウドファンディングで個人としては国内歴代最高となる総額1億円を調達。月額1000円のオンラインサロンの会員数も1万人以上いるとか。Tももちろんオンラインサロン会員。押し付けられる熱量、場所柄とネットワークビジネスに勧誘されている人みたいだな、と自嘲。

 しかし、Tが最後に話した「苦手なのは分かる、けど新しい試みを確かにやっている」という西野評を聞き、少し興味が湧く。

 ここで西野がなぜ苦手なのか、と己と対峙してみた。答えはすぐに出る、要するに僕は怖いのだ。自分の知らない新しい価値観を持っている西野の思想に畏怖を感じている。だから、“苦手”と防衛線を張って遠ざける。これは僕だけなく西野を嫌う人の多くの人の本音だと思う。

 西野の話を3時間以上した別れ際、「AbemaTVの『株式会社ニシノコンサル』だけでもチェックしてください」とT。そこまで言うのなら!と見てみることにした。

『株式会社ニシノコンサル』とは、西野が司会を務めるコンサルティング・リアリティショーである。仕事の悩みを抱えた相談者に西野とSHOWROOM社長の前田裕二が答えていく。

 硬軟織り交ぜた相談者が来訪してくることが番組の特徴。“アイドルがライブ集客を増やしたい”といった芸能系、“黒糖焼酎の売り上げを伸ばしたい”といった商品設計まで、2人が対応する相談の幅は広い。一言で表せば、現金のかわりにアイデアを提供する『マネーの虎』。

 番組において西野以上の存在感を持つのが前田の存在だ。ホリエモンを筆頭にIT社長といえばギラつた人という思い込みがあった。なおかつ、石原さとみとの交際で話題を振りまく話題の人。イケイケな語り口を想像していたが、その予想は大きく裏切られた。

 前田のビジュアルは、川越達也シェフに似た色白の美男子である。また、語り口も川越シェフのように柔和。そういった意味ではギラつく西野とコンビバランスは良い。なおかつ、相談への対応も真逆で面白い。西野は言葉数多く熱心にアドバイス。たいして前田は静かに相談者の話を聞く。業界一のメモ魔で有名らしく、ノートになにかを書いていることも多い。そして、自身のなかで意見がまとまると冷静に打開策を示す。

 2人のアドバイスは全て具体的だ。自らが実行してきたアイデアをアレンジして相談者に提供する。#1に登場した集客に悩みを抱えるアイドルには、「ツイッターできたファンの投稿、全てに返信するアイドルになれば良い!」とアドバイス。

「僕ね、5年前にニューヨークで個展をしたんですよ。その際にクラウドファンディングしたんです」と西野。資金調達期間は2週間、そのなかで「キングコング西野」とツイッター検索をかけ、自分のことをつぶやいているアカウント全てに「クラウドファンディングのパトロンになってくれないか」とツイッター上で声をかけたという。その数はなんと800人。

 資金調達に成功し、個展の開催が決定したのち「ニューヨーク」にいる日本人をピックアップ。これまた全ての人に「個展に来てくれないか」と声をかけ集客。その数もなんと800人。つまり、西野はニューヨークでの個展を成功させるために約1ヶ月で1600人と対話したことになる。「地球上で最も1対1でコミュニケーションする人間になってやろうと思った」と語る。

 #2では、仕事の都合で前田が途中離席。その代打として出演したのが話題の本を手がける編集者・箕輪厚介。相談者であるHIKAKINに憧れるYouTuberにこう語りかけた。

「HIKAKINと同じ生活スタイルを1年間続けていれば、あなたもある程度有名なYouTuberになれますよ。西野さん、前田さんに憧れる人がいるけど、僕は全然そう思わない。近くで見ていて、あれだけ努力していれば、そりゃ成功するわ!って思うもん」

 番組内で2人が語るアドバイスには、総じて"圧倒的努力"がつきものだ。しかし、2人から発せられるピースフルな空気感がそれをぼやかす。上記したYouTuberのアカウントをチェックしてみたが、更新がすでに滞っていた。毎日更新すらできない人もいる。

 一廉の2人と相談者がグルーブしないこともある。頭の回転が早い2人がポンポンと提示するアイデアについていけない様子も見受けられた。

『株式会社ニシノコンサル』の相談者でアドバイスを実行できる人は限られる。努力はしていたが運に恵まれなかった人ぐらいか……。

“圧倒的努力”とは幻冬舎の創設者・見城徹の格言だ。平成も終わるが、やっぱり成功するには見城イズムなんだ。

 話は変わるが、先週の『ゴットタン』に西野が出演していた。時折、おこなわれる劇団ひとりとの対決企画。劇団ひとりが吐き出した水を肛門に当てられ悶絶する西野。熱情的にアドバイスする『株式会社ニシノコンサル』の西野とは別人の西野がそこにはいた。

 ビートたけしは自らの芸を説明する際に“振り子の理論”を用いる。要約すると「映画監督で成功している時こそ、芸人として裸芸を披露する」といったもの。芸術といった高尚な評価を得たときこそ芸人のくだらなさ引き立つという。

『ゴットタン』で鼻水を垂らしながら全裸で劇団ひとりと絡み合う西野に僕は“振り子の理論”の実行を見た。この人は間違えなくスゴい人だ、常に見る側の心情をざわつかせる。現代という時代が産んだトリックスターだと思う。

あわせて読みたい

「西野亮廣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  3. 3

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  4. 4

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  5. 5

    BTSファン 彼らは反日じゃない

    キャリコネニュース

  6. 6

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  9. 9

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  10. 10

    徴用工問題 北の主張軽視するな

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。