記事

講演依頼数3年連続1位、ガリガリ君生みの親は何を話す?

【講演が人気、赤城乳業元常務取締役開発部長の鈴木政次さん】

 参加費は決して安くないにもかかわらず、あっという間に満員になる講演会がある。そんな人気の講演者は、いったいどんな話をしているのだろうか──。

 そこで、「講演依頼.com」で講演依頼数3年連続1位の赤城乳業元常務取締役開発部長・鈴木政次さん(72)の講演会をここに再現する。

【プロフィール】
赤城乳業元常務取締役開発部長/鈴木政次さん(72)
赤城乳業株式会社に入社後、1年目から商品開発部に配属。『ガリガリ君』『ガツン、とみかん』など、数々のヒット商品を生み出す。講演依頼.comで講演依頼数3年連続1位。

 * * *
 主婦でも勤め人でも、自分の評価は自分ではできません。会社でヒラ社員がいきなり、「私を主任にしてください」と主張してもムリですよね。“あの人はこうだ”という評価は周りが下すものです。

 でも、その評価は時代によって変わります。例えば原油価格が高い時代、八方手を尽くして見つけた仕入れ先と原油の長期契約を結び、会社から称賛された商社マンがいました。しかし3年後、その人は社内で酷評されて辞任に追い込まれた。原油価格が暴落し、長期契約を交わした責任を問われたんです。

 つまり、その場限りの他人の評価に左右されるのはつまらないということ。人は会社や上司の評価ではなく、自分のために働けばいいんです。

 その際の人づきあいで大切なのは、“この人は間違っている”と思っても、相手の主張を「はい、そうですね」と笑顔で受け入れることです。“私が正しいのに…”という思いを心の中にとどめて、「イエス」と答えれば、世の中はスムーズに動きます。こうした「イエス・バット」の対応が人間関係になじむコツです。

 人間も商品も、どれだけ勢いがあってもいずれ衰えて死んでいきます。「ガリガリ君」も、急激に伸びた売り上げが永遠に続くわけはなく、ある時、衰退期を迎えました。そうしたピンチを防ぎ、半永久的に商品が愛されるために必要なのは、商品をこまめにリニューアルすること。「ガリガリ君」は、消費者の好みに合わせて氷の粒を小さくしたり、女性グループにインタビューをしてキャラクターのデザインを女性好みにするなど、微調整を繰り返しました。

 人間関係も同じことです。よい関係を長く続けるには、時々リニューアルする必要がある。長い夫婦生活では、たまに新しい一面を見せないと、“いてもいなくてもいい存在”になってしまいます(苦笑)。

 相手が飽きないためには、小ネタを出し続けることが大切というわけです。だから「ガリガリ君」は、120種類もあるんですよ。

※女性セブン2018年11月22日号

あわせて読みたい

「ヒット商品」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。