記事

高須院長「美腹筋ブームはモテ願望とは別。男性化も?」

【美腹筋・美尻ブームを解説する高須院長】

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、近年ブームとなっている「美腹筋」や「美尻」についてうかがいました。

 * * *

──ここ数年の“女性の美”のトレンドとして、アスリートのような引き締まったボディーというものがあります。きれいに割れた6パックの美腹筋や、プリッと上がったヒップなどに憧れて、トレーニングを始める女性も多いようです。

高須:そういうのが、今のトレンドということなんだろうね。ちょっと前だったら、バッキバキに割れたお腹よりも、なめらかで女性らしいお腹のほうが魅力的だっていう時代もあったからね。美しさというものは、時代によって変わるもの。絶対的なものではないんだよ。でも、裏を返せば、どんな女性だって、時代が変われば美しくなるってことだからね。つまり、女性は全員美しい。素晴らしいね(笑い)。

 ちなみに、男性のほうもそういうブームはあるんだよ。僕がクリニックを開業したころは「巨根ブーム」があったね。陰茎を長くしてほしいと駆け込んでくる男性も多かった。今ではあまり流行ってないけど、“長茎術”とか“亀頭増大”なんて言葉がもてはやされたこともあったんだから(笑い)。

──男性が巨根にしたいと思う背景には“モテたい”という願望もあるとは思うのですが、女性が腹筋やヒップを鍛えるのも、“モテたい”という気持ちがあるんでしょうか?

高須:いや、そうじゃないと思うよ。むしろ、自分の理想の体に近づきたいという、内側に向けた願望だろうね。どちらかというと趣味みたいなものだ。トレーニングそのものが目的になっているんだよ。

 それに、腹筋やヒップを鍛えて、筋肉をつけていると、体脂肪率は下がってくるわけで、もしかしたらホルモンバランスも変わってくるのかもしれないな。だんだんと男性ホルモンが増えてきて、毛深くなったりもしてるんじゃないかな。そういう意味でも、やっぱり“モテたい”ということで鍛えてるのではないんだろうね。あくまでも、自分を極めるために鍛えているんだよ。

──ヒップアップのために、お尻にプロテーゼを入れるという方法もあるんですよね?

高須:そうそう。僕が開業した当時なんかは、ヒップアップのプロテーゼ(シリコンバッグ)挿入がとても人気だった時期もあった。その時代には、ハト胸出っ尻が不美人と考える人たちもいたけどね。

 豊尻手術は、皮下脂肪と臀筋との間にシリコンゼリーを入れた薄い袋を埋め込むんだけど、乳腺がカバーしてくれる豊胸手術と違って、ピンが刺さったり複雑な衝撃で壊れることも多いうえ、しょっちゅう動く部分だから同じ形を保つことが困難で、効果を長時間維持するのが難しく、流行は急激にしぼんでしまった。いまだにブラジルなんかでは、それなりに人気らしいけどね。現地の若い娘さんの夢はTバックをはいてサンバを踊ることだから、効果が一時的でもプリッとしたお尻になりたいという需要も多いんだろうと思うよ。

──おそらく、今の日本の女性たちも、それこそサンバを踊っている南米の女性のようなプリッとしたボリュームのあるお尻に憧れているのでしょうね。

高須:ただ、日本人が鍛えても、なかなかああいうお尻にはなれないよ。骨格そのものが違うからね。表現は悪いかもしれないけど、ロバはいくら鍛えても、マッチョなロバになるだけで、競走馬にはならないんだよ。日本人女性がお尻を鍛えても、南米の女性になるわけではないからね。

──でも、どうして肉体を鍛える女性が増えているのでしょうか?

高須:やっぱり、それがトレンドだとメディアで取り上げられるからということは大きいと思う。あとは、ライザップが流行って、テレビのCMなんかで有名人が鍛えた姿を見せていることも影響しているかもな。

──たしかに、ビフォーアフターで見せるあのCMはインパクトがありますね。

高須:あのCMの手法は、なかなかすごいと思う。上手な再教育だよ。ああやって音楽に乗せて見せることで、なんだか「鍛えることが素晴らしいんだ」って思っちゃう。

 でも、逆にいえば、日焼けしたムキムキの男性が、色白のぽっちゃりした姿に変わって、「これが富裕層のあるべき姿だ」って宣伝したら、「金持ちなら、ぽっちゃりしたほうがいい!」って再教育できるんじゃないのかな。ぽっちゃりボディーこそお金持ちのステータスだっていうイメージを植え付けるんだよ。まさかのぽっちゃりブームがきちゃうかもしれないな(笑い)。

 でも、個人的には、ムキムキよりも、ぽっちゃりしているほうが本当に健康的でいいと思うよ。ライザップではなく「高須ザップ」で、ぽっちゃりを流行らせようかな(笑い)。

 * * *

 肉体をムキムキに鍛えるよりも、どうやらぽっちゃりした体型のほうがお好みの高須院長。時代によって、美しさの基準は変わるということで、本当にぽっちゃりブームが来る日もある…?

【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。脂肪吸引やプチ整形など、日本に「美容整形」を広めた第一人者。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)、『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)など。最新刊は『大炎上』(扶桑社新書)。

あわせて読みたい

「高須克弥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。