記事

米中間選挙にみる トランプ大統領の「予言の自己成就」

【米中間選挙は異例の盛り上がりを見せた】

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、6日に投開票された米中間選挙を分析。

 * * *

「今夜はとてつもない成功だ」

 トランプ大統領は6日、米国の中間選挙の結果を受け、下院の議席過半数を野党・民主党に奪還されたにもかかわらず、ツイッターでこうつぶやいた。

 

 上院は、トランプ大統領率いる共和党が過半数を取り議席を伸ばしたが、下院では民主党に負けた。今後の議会には「ねじれ状態」が起きるとみられる。にもかかわらず、トランプ大統領はこれを「成功」としたのだ。

 中間選挙は、大統領の任期4年の中間に行われる。大統領にとってはこれまでの2年間への信任投票であり、中間テスト的な意味合いがあるという。今回の結果は、合格点を取ったということらしい。

 会見でもトランプ大統領は、「完全な勝利に近かった」とコメント。ところが、「完全な」という強い言葉を用いたわりに声に力がない。声のトーンも低く、落ち着いた様子なのだ。「(ねじれ状態による)交渉や取引の点では、民主党とうまくやるチャンスがある」と、ちょっとだけ声に力が入るが、やはりトーンは低いまま。戦うより連帯や協力を求めなければならないという意識が、声のトーンを低くさせているようだった。

 ねじれ議会になれば、下院では大統領の疑惑の数々を追及し始めるだろう。会見でもトランプ大統領は、米CNNテレビの記者に不法移民問題やロシア疑惑について質問をぶつけられると、「そら来た」とばかりに顔をそむけた。記者の質問に斜に構え、「もう十分だ」と何度も質問を遮り、記者に「マイクを置け」と告げると指先で払いのけるような仕草を見せた。それでもマイクを離さない記者に苛立ち、一度演台から離れるとしぶしぶ記者が座った。これで終わりかと思いきや、大統領はしつこく記者を指差しながら非難したのだ。やられたらやり返す、絶対に自分は負けない、誰にも屈しないという大統領の本質が見えたシーンだ。

 だが、トランプ大統領の「成功」発言はあながち間違っていないように思う。議会がねじれ状態になったといっても、オバマ大統領の時もねじれていた。米国議会でねじれは珍しいことではない。また、下院の民主党では先住民族やイスラム教徒の女性議員らが初当選したことで、移民や同性愛問題に関する論戦が激しくなるだろう。反論が強まるほど世間の関心が高くなり、大統領にとっては自分の意見をはっきり言える機会が多くなったといえる。

 さらに、選挙期間中を振り返ると、共和党では異変が起きていた。候補者が相次いでトランプ大統領の過激な論調を真似る「トランプ化」が進んでいたのだ。共和党支持者の中でもトランプ大統領を支持する層は、より支持を強めたとも言われる。結果、トランプ大統領はこの中間選挙で、共和党内での勢力を益々強めることになった。

 加えて今回の選挙では、セレブたちが民主党の支持を表明し、投票に行くよう呼び掛けるという、民主党の「応援合戦」まで起きた。ハリウッド女優のシャリーズ・セロンが、電話で投票を呼び掛けるテレビ番組まであったというから驚きである。そんなこともあって中間選挙への関心は高く、過去最高の投票率になったようだ。良くも悪くも大統領は存在感を強めている。

 ここまで書いて、はた!と思った。もしかしてこれはトランプ流「予言の自己成就」ではないのか。予言の自己成就とは、経済学者のロバート・マートンが指摘した現象だ。たとえ誤った予言でも、人がその予言を信じ、それに基づいて行動すると、その予言が実現してしまうことをいう。

よく使われる例は銀行の取り付け騒ぎだが、マートンが事例として挙げた中には、「2国間の戦争」や「黒人排斥」などがある。2国間で戦争が避けられないと思い込むことにより、不安を抱いた2国が軍備を拡張した結果戦争が起きてしまう、白人が「黒人は問題を起こす」「黒人に雇用を奪われる」などと思い込み黒人を社会から締め出してしまう、といったことだ。トランプ大統領は、これまでにもこの現象をうまく使って世論を動かしてきた。

 トランプ大統領は就任演説で、「アメリカファースト」を掲げ、アメリカは再び強い国になると予言した。この予言の前提は、トランプ氏が大統領であることだ。大統領になった時から再選を目指している彼は、自分が再選され大統領を続けることでこの予言を自己成就できる。予言者の影響力が強いほど、予言は実現する可能性が高くなる。その意味で、存在感と影響力を誇示できた今回の選挙は大成功。

 トランプ支持者は、共和党、いや民主党支持者さえ意図せずに大統領の予言の自己成就に向けて動かされていたようだ。トランプ大統領おそるべし。

あわせて読みたい

「米中間選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  3. 3

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  6. 6

    BTSファン 彼らは反日じゃない

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  9. 9

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  10. 10

    徴用工問題 北の主張軽視するな

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。