記事

米中が外交・安保対話、南シナ海など地政学上の懸案で意見交換


[ワシントン 9日 ロイター] - 米中は9日にワシントンで閣僚級の外交・安保対話を開催し、両国間の通商問題のほか、アジア太平洋海域での航行の自由から台湾問題に至るまで幅広い地政学上の懸案について意見を交換した。

同対話には米国からポンペオ国務長官とマティス国防長官、中国から楊潔チ・共産党政治局委員と魏鳳和国防相が出席。対話は10月に北京で開催される予定だったが、両国間の緊張の高まりを受け見送りとなっていた。

今回の対話では、米国が中国に対し南シナ海の軍事拠点化を中止するよう呼び掛けたのに対し、中国は領有を主張する同海域の島付近に米国が軍艦や空軍機を派遣していることを非難。中国側はこのほか、米中の通商戦争では双方が痛手を負うとし、問題の解決に向けコミュニケーション経路の確保を呼び掛けた。

ポンペオ国務長官は共同記者会見で、北朝鮮の核廃棄問題に言及し、「多くの問題で連携が引き続き重要な役割を果たす」と発言。ただ中国が南シナ海の人工島に軍事拠点を設置している問題について、「米国は南シナ海での中国の活動と軍事化に引き続き懸念している」とし、「中国に対し過去のコミットメントを順守するよう要請した」と述べた。

楊氏はこれに対し、中国には米国とともに問題に取り組んでいく用意があるとしながらも、中国が領有権を主張する南シナ海の島に軍艦や空軍機を派遣するのをやめるよう要請した。

また、通商問題については両国が相互に納得できる方法で「遠くない将来に」解決できることを望むと語った。

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は、今月末にアルゼンチンで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する際に会談を行う。

このほか台湾を巡っては、魏国防相が「一つの中国」という見解をいかなる犠牲を払っても守ると指摘。

ただ、魏氏とマティス国防長官は、米中が意図しない衝突を回避するために軍事的緊張を和らげる必要性があるとの意見で一致。魏氏は対立が「すべてにとっての災いになる」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。