記事

「イッテQ」疑惑をテレ朝「モーニングショー」が検証したらクロ!

1/2
[画像をブログで見る]

異例!ライバル局による疑惑検証

 しのぎを削り合うテレビ局同士の間でも、片方がもう一方の疑惑を検証することは滅多にない。それは「放送業界」という同じ業界にいて

、いわば運命共同体という面もあって日頃は協力し合う面もあるからだ。刑事事件になったケースや裁判やBPOなどの結論が出た場合でもない限りは、他局のことは批判的には取り上げない、というのが暗黙のルールになってきた。

11月9日のテレビ朝日「モーニングショー」がこの暗黙のルールを打ち破った!

 ”文春砲”ともいわれ、今や政財界から芸能界をめぐるスキャンダルまでスクープを連発している週刊文春が、11月8日発売の誌面で暴いた日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」をめぐる疑惑。発端となった文春の記事は、番組で取り上げられた「年に一度の村祭り」として紹介された「ラオスの橋祭り」が実はそもそも伝統の祭りとして存在していないこと、番組側のイニシャティブでセットが組希て参加者が集められたと思われること、参加者には賞金まで支払われた、などという疑惑を報道していた。

 それについて、11月8日午後に日本テレビが報道各社に向けて「見解」を公表して、番組の公式ホームページにも載せた。それは以下のようなものである。

今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません。

出典:「週刊文春」 ( 11 月 15 日号) 掲載 「世界の果てまでイッテQ!」の記事に関する 見解

 こういう状況の中で、テレビ朝日「モーニングショー」は、異例ともいえるライバル局の疑惑について現地取材した結果を9日の朝に放送した。同番組では、ニュース番組でスクープ報道の際によく使う「独自」というテロップを入れて、「現地コーディネーターを直撃」「ラオスの橋祭り『私が提案』」として報道した。

 コーディネーターというのは、世界各地にいる現地在住の人たちで、テレビ局などの現地ロケを手伝ったりする仕事のことだ。海外ゆえに言葉の壁の問題や習慣の違いの問題などがあるため、今のようにメールや電話で現地の人と瞬時にやり取りができる社会になっていても、テレビ局や制作会社の海外ロケでは「コーディネーター」と呼ばれる現地の人を雇うのが通常だ。

 コーディネーターは多くの場合、現地に長く住む日本人か日本語が上手な現地の人というのが大半で、取材やロケの際の通訳も兼ねる場合が多い。

 さて、テレビ朝日「モーニングショー」は、司会の羽鳥慎一が日テレ出身であることなど遠慮することなく、現地取材した検証結果をVTRで放送した。

 それは週刊文春を、そのまま映像でなぞるような取材ではあったが、このため、より説得力をもって視聴者に伝わったはずだ。

疑惑1 祭りは存在するのか?

 実際に「イッテQ!」で放送されたイベントを見ていたという現地の住民に聞いてみると、この祭りについて、「イッテQ」の収録の時に「初めて見た」と言う。そんな祭りの存在は「ラオスではこれまで見たことがない」と言うのだ。

 「イッテQ!」が報じた「橋祭り」の収録の際には、横で「コーヒーフェスティバル」が開催されていて、このフェスティバル関係者は同じ会場で行われた橋祭りについて「ゲームショーだと説明された」と証言した。

 在日ラオス大使館も「そんな祭りはない」と証言していると伝えられた。

[画像をブログで見る]

 つまり、肝心のラオスの橋祭りは、テレビ朝日の取材でも、存在しない、虚偽のものだったことが判明した。

疑惑2 参加者は賞金で集められた子どもたち?

 この点について、「モーニングショー」は「イッテQ!」のロケ現場を仕切っていたタイのコーディネート会社を取材してその結果を報道した。

 その結果、この会社は準備をしていたことや橋祭りに参加した子どもたちに賞金を渡していたことが明らかになったという。

 「モーニングショー」のコメンテーターである玉川徹もスタジオでコメントしていたが、動画でみると、この「橋祭り」のセットにはかなりの金額がかかっていたことはテレビの世界にいる人間ならば容易に想像できる。それを仮に「現地コーディネーター」が用意し、賞金も渡していた、ということになれば、日本テレビの局員であるプロデューサーやチーフ・プロデューサーが関与または承知していた、と見るのがテレビ業界では当然だろう。

[画像をブログで見る]

「実際にはラオスの伝統行事として存在していなかった橋祭り」というイベントを、テレビ番組のために「準備して」、セットも含めて用意して、ということを現地コーディネーターが認めたとなると、日本テレビが8日に発表した見解は「ごまかし」以外の何物でもない、ということになってしまう。

あわせて読みたい

「日本テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  2. 2

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  3. 3

    島国日本のゴーン氏逮捕劇に懸念

    小林恭子

  4. 4

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏 日産巡る意見に驚き

    小林よしのり

  6. 6

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    日産社長のゴーン氏批判に違和感

    安倍宏行

  8. 8

    とんねるず亀裂? 石橋が激怒の噂

    女性自身

  9. 9

    ゴーン氏前妻 逮捕は当然の結果

    文春オンライン

  10. 10

    イッテQめぐり朝日がブーメラン

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。