記事

iPhone XRは日本の「新・定番スマホ」になれるか

2018年モデルのiPhoneの中でも「本命」と目される「iPhone XR」が、いよいよ発売された。上位モデル「iPhone XS/XS Max」に近い機能を備えながら、価格を従来モデル並みに抑えた新機種として注目されている。

従来モデル並みの価格で登場した「iPhone XR」

2017年秋の「iPhone X」で大きな進化を遂げたiPhoneだが、実際に売れ筋となってきたのは「iPhone 8」や「iPhone 7」だった。アップルの戦略が大きく変わりつつある中、iPhone XRは新たな定番スマホになれるだろうか。

「iPhone XRこそ本命」の背景に7・8の絶大な人気

11月1日に米アップルが発表した2018年7〜9月期決算は、同四半期で過去最高の業績となった。好業績を牽引するiPhoneは約4689万台を販売したが、今後の決算では販売台数の公表をやめるという。

iPhoneが売れていないから公表しないのか、との見方もあるだろう。実際のところ、7〜9月期のiPhoneの販売台数は前年同期とほぼ変わっていない。だが、売上高は約3割も増えた。これはiPhone1台あたりの単価が大きく上昇しているためだ。アップル自身、台数よりも単価を重視する方向にシフトしている。

サービスやコンテンツの比重を高めたいとの思惑もあるようだ。iPhone XSの発表会では「iPhone 5sを使い続ける選択肢もある」とアピールしたように、Androidに乗り換えるくらいならいまのiPhoneを使い続けてほしいとアップルは考えている。

その中で、デジタルコンテンツやApple Payなどサービス部門の売上高が伸びており、過去最高の100億ドルに達したという。今後はiPhoneのユーザー基盤を活かし、台数が伸びなくなったとしても利益が出せる体制を確保しようというわけだ。

アップルがiPhoneの販売価格を大きく引き上げたのが、2017年に登場した「iPhone X」だ。だが、このXの発売後も日本ではiPhone 7や8が売れ続けており、ランキング上位を独占してきた。日本で最も一般的に普及しているスマホは、これら従来型のiPhoneといえる。

iPhone 6以来、長く続いたこのデザインもいよいよ終わりが見えてきた

9月にはiPhone XSが発売されたものの、価格はXと同じく高い水準にとどまっている。「携帯電話料金はあと4割値下げできる余地がある」といった総務省の指導を受け、キャリア各社は通信料を値下げする一方で端末インセンティブを減らす流れが続いており、なかなか手を出せない人も多いようだ。

その中で登場してきたiPhone XRは、iPhone XSの機能の大部分を受け継ぎながら、iPhone 7や8と同程度の価格帯に投入されるモデルになる。iPhoneが2018年の本命とされる理由がここにある。

使い心地はほぼXS、ショップも値下げ合戦を開始

iPhone XRは、アップル直販の本体価格は8万4800円(税別)からとなっており、決して安くはないものの従来のiPhone並みといえる。iPhone XSとの違いとして、ディスプレイが有機ELではなく液晶で、望遠側のカメラがなく広角側のみとなっているが、プロセッサーは同じものを搭載しているなど、その差は意外なほど小さい。

iPhone XRの画面サイズは6.1インチで、5.8インチのiPhone XSと6.5インチのXS Maxの中間に位置する。本体サイズはiPhone 8と8 Plusの中間でもあり、これまでのiPhoneにはないサイズ感だ。

左からiPhone XS、iPhone XR、iPhone XS Max

有機ELとは異なり、コントラストや彩度の面で弱い印象のある液晶だが、発色はこれまでのiPhoneと同じく十分に綺麗なもので、日常的な利用シーンで不満を感じることは少ないだろう。

背面のカメラは1個のみだが、iPhone XSの広角側カメラと同じものを搭載しており、望遠以外の画質は同等とされる。背景をぼかすポートレート機能はソフトウェア的に実現し、顔認証の「Face ID」を含むインカメラの機能はまったく同等となっているなど、Xシリーズの体験を手軽に得られるのがメリットだ。

iPhone XRのリアカメラは広角側の1基のみ

販売店による値引きも話題となっている。新型iPhoneの登場に伴い、iPhone 8とiPhone Xは「一括0円」をうたうショップも珍しくない。さらにiPhone XRは新製品にも関わらず、発売直後から大きな値引き合戦が始まっているようだ。

iPhone XRの体験は、iPhone XSとの違いがすぐには分からないほど作り込まれており、安売りをうまく利用できればお買い得感は高い。iPhone 7や8を置き換え、日本の新たな定番スマホになる勢いは十分にありそうだ。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  6. 6

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  7. 7

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  8. 8

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  9. 9

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

  10. 10

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。