記事

韓国首相の日本批判について

いわゆる元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決について、韓国の李洛淵首相が日本政府の姿勢を批判したことは、理解できません。

安倍総理大臣、菅官房長官、河野外務大臣をはじめ、日本政府は、この国際法を無視した判決について度々懸念を表明し、国際司法裁判所に提訴する方針で対応を進めています。こうした姿勢について、李洛淵首相は「日本政府指導者たちが過激な発言を続けている」と批判する一方で、「判決は、1965年の日韓基本条約を否定するものではない」とも述べています。

判決は、明らかに日韓基本条約とそれに付随する日韓請求権協定への違反であり、どのような法的構成で「否定するものではない」と主張するのかは不明ですが、こうした国際法解釈についての見解の相違は、まさに国際司法裁判所で取り扱うべき問題であり、日本政府の対応は極めて適切なものです。

『1891年、来日していたロシア帝国皇太子ニコライ2世を斬りつけた津田三蔵に対して、死刑にするべきという政治や外国の圧力に屈せず、大審院長児島惟謙が「法と証拠」に基づき司法権の独立を守った大津事件ように、日本は明治時代には法治国家として世界に示した。

100年以上前の日本のほうがはるかに法治国家として機能していた。韓国は法治国家として機能していない。

韓国司法も世論や政権を意識せず「法と証拠」に基づいた判断をして欲しい』
というような主張もあります。

韓国政府は、自らの主張が正しいと思うのであれば、国際司法裁判所に堂々と出て来て欲しいものです。

あわせて読みたい

「韓国徴用工訴訟」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  2. 2

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  4. 4

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  5. 5

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  6. 6

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  7. 7

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  9. 9

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  10. 10

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。