記事

「職業はAV女優、本業は僧侶。」人助けのため、新たな仏の道に挑み続ける”ニューハーフ僧侶”の半生

1/2

 ある時は野太い声で読経する真言宗の僧侶、またある時は山伏として厳しい修行を行う修験者。さらにはトランスジェンダーのAV女優でもあるというかとうれいさん。7日放送のAbemaTV『AbeaPrime』では、「職業はAV女優。本業は僧侶。人生を賭けた実験」と話すかとうさんの生き方に迫った。


■フリーランス僧侶として活動

「元来、お寺に入らないといけないということはなく、お寺のないお坊さんもいっぱいいた」。現在、フリーランスの僧侶として特定の寺には所属せず、自宅の小さな地蔵を前に日々のお勤めをするかとうさん。依頼があれば法要などの仏事もこなし、困っている人の人生相談にも乗っている。生まれつき霊感があるといい、除霊の仕事までこなしている。この日は、取り憑かれやすいという仲間の僧侶に師匠直伝のお祓いを行っていた。


 そんなかとうさんが心安らぐ時間だというのが、支援者との時間だ。時には食事を御馳走になることもあるという。「ご飯食べにおいでと。あんまり飯も食べてへんやろと。やせ細ってるから」「子どもらも懐いている。れいちゃん、れいちゃんって。来るって言うたらめっちゃ喜んでしまって」と笑うご主人に、「ありがたいこと。こういった方々のおかげで私は生かされている」とかとうさん。こどもたちも、「優しい。あと幽霊とか教えてくれる」と、かとうさんのことが大好きなようだ。


■性の違和感を打ち消すため、修行に没頭

 そんな気のおけない人々との心癒される時間にふと思い出すのは、仏の道を志すきっかけとなった幼少期のことだ。「家庭環境があまりよろしくなかった。子ども心に頼っても人は助けてくれないけど、仏さんは助けてくれるだろうって」。5歳で育児放棄していた親元を離れ、祖父母の家で暮らし始めると、山伏であるおじの助言をきっかけに、僧侶になるための修行を始めた。


 修行にのめりこんだ理由はそれだけではない。小学生の時に感じた"性の違和感"があり、中学生で男の子に初恋をして告白するも、玉砕してしまう。「侍のようなおじいさまだったので、"何でランドセル赤やないの"と聞いたら、逆に怒られるみたいな。でも、仏ならば、頑張っていれば私を変えてくれるのかもしれない。男性なら男性、女性なら女性の体、どっちかに変えてくれるんじゃないか。そう信じて打ち込んだ」。

 夢中で突き進んだ結果、高校生の頃には修行作法を指導できる山伏の先達になり、仏教系の大学にも入学、得度した。そして大学では教員から思わぬ言葉をかけられる。「"仏さんというものは、時に男性的で、時に女性的である。男性でも女性でもない。しかしながら男性でもあって女性でもあるんだよ"と言われた。私はすかさず"先生、仏さんってみんなニューハーフさんですか"と質問した。すると"それ以上答えさせないでください"と言って頭をぐっと下げはった。それを見て"あ、これいける。これが元来の仏の姿なんだ。自分、受け入れて良いんだ"と思った。次の日から、女子化して学校に行き始めた」。そしてかとうさんは女性ホルモンを打ち始め、女性の姿になっていく。

■バール肋骨を折り、豊胸も…

 今では"金髪ギャル"の容姿だが、ここに至るまでは様々な苦労もあった。バールで肋骨を折り、さらしで巻いてくびれを演出、さらには喉仏を金槌で叩いて凹ませた。


 「男性と女性の違いといったら、やっぱり身体の形だから。いくら痩せても変わらないし、お金もないから思いつめて。もともと剣道部だったので、後輩に木刀買ってこさせて、"ぶら下がるから、叩いて折ってよ。1本折ったら1万円あげるからね"なんて言って。すごく痛かったけど折れなかったので、今度はホームセンターでバールを買ってきて"次こそはお願いしますね"と。見事に折れた。水中で塩ビパイプをボキッと折った時みたいな音が体の中でした。死んだら死んだ時。仏がそうさせた。病院に行ったら怒られるから、さらしを巻いて、ウイスキーを飲んで我慢した(笑)」。

 豊胸、睾丸も摘出、胸も大きくした。しかしその結果、滝行がしにくくなったという。「最初は"筋肉だ"で通っていたけど、豊胸してしまうとそれでは通らない。でも信仰心は捨てられないから、人目につかないところでさせていただいている。まだまだ理想の身体ではないし、あくまでも半端者だから、これからも追求し続けて生きていこうと思っている」。

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  5. 5

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  6. 6

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  7. 7

    共産との共闘隠ぺいする大阪自民

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  9. 9

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  10. 10

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。