記事

英国で道路の側溝に落ちたカエルの救済作戦、20本のはしごを設置


[ウォリック(英国) 7日 ロイター] - 英イングランド中部のウォリックシャーに拠点をおく自然保護団体が、道路の側溝に落ちたカエルを救済するため、ネットで覆ったはしごを設置している。

この保護団体「WART」は、両生類の繁殖地付近の側溝にアルミ製のはしご20本を取り付け、減少しつつある個体数の回復を目指している。

設置担当のティム・ジェンキンスさんは、「呼吸のために水中から出てきた両生類たちは、道路に到達して横断し、縁石に行き当たり、縁石に沿って移動して側溝に落ちてしまう。そして一巻の終わりとなる。はしごを設置すれば、側溝から出て繁殖地に戻ることができる」と語った。

側溝への落下は、生息地喪失と並んでヨーロッパヒキガエルの減少の原因の一つとされている。2016年に自然保護団体フロッグライフが発表したリポートでは、過去30年間に英国のヨーロッパヒキガエル生息数は68%減少している。

WARTは、はしごの設置で両生類の側溝転落は減ったが、できることには限界があると指摘。はしごの価格は1本15ポンド(約2200円)で、地域の保護団体にとっては高額としている。

ただ、WARTの努力が他の英国の保護団体への働きかけになり、両生類の救済につながるよう期待しているという。ジェンキンスさんは、「彼らは見過ごされた種だが、生態系において大事な役割を果たしている」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  8. 8

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  9. 9

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

  10. 10

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。