記事

欧州委、ユーロ圏19年成長率見通し引き下げ 貿易や伊財政がリスク


[ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は8日、四半期の経済予測で、ユーロ圏の来年の成長率見通しを引き下げ、2020年まで減速が続くとの見方を示した。米国の経済政策や英国のEU離脱、イタリアなど債務水準が高い加盟国による歳出拡大をリスクに挙げた。

成長率見通しの引き下げは予想通りだったが、欧州中央銀行(ECB)が年内に予定する量的緩和政策の解除を複雑にする可能性がある。ただ、欧州委は同時に、今年と来年のユーロ圏のインフレ率見通しを1.8%に引き上げており、ECBが目標とする2%近辺に近づいた。

ユーロ圏の経済成長率は今年は2.1%になるとみられており、昨年の2.4%から鈍化する。来年の見通しは従来の2.0%から1.9%に引き下げた。

20年は1.7%へのさらなる減速を見込む。欧州委が同年の見通しを示したのは今回が初めて。

ユーロ圏最大の経済国ドイツの成長率見通しは今年が1.7%と、従来の1.9%から下方修正。17年の2.2%も下回る。19年は1.9%から1.8%に引き下げた。20年は1.7%を見込む。

欧州委はフランスとイタリアの成長率見通しも引き下げた。イタリアは引き続きユーロ圏で最も低い成長率になるとみられている。[nL4N1XJ5J5]

EU全体については、今年の成長率が2.1%、来年は1.9%、20年は1.8%になるとの見通しを示した。

リスクに関しては、米国の「順循環的な財政刺激策」に起因する米経済の過熱が金利上昇ペースを予想よりも速くする可能性があり、そうなれば米国外にさまざまなマイナスの「波及効果」をもたらすことになるとの見解を示した。また、トランプ政権の政策に起因する貿易摩擦のリスクについても警告した。

歳出拡大を政策に掲げるイタリアもリスクになっていると指摘。「債務水準が高い加盟国の財政の質や持続性に関する疑念は、国内銀行部門に波及して金融安定を巡る懸念を引き起こし、経済活動の重しとなる可能性がある」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。