記事

在日、黒人、ムスリム…世界の差別問題に共通する「根っこ」

1/2
【10月5日には東京都議会で人権尊重条例案が採決された(時事通信フォト)】

日本でヘイトスピーチの主な標的となっているのは、在日コリアンや韓国の人たちだろう。そうした差別はなぜなくならないのか。同様の差別は日本だけの問題ではなく、アメリカやヨーロッパなど、今も世界じゅうで根強く残っている。その背景に何があるのか。

『言ってはいけない』(新潮新書)、『朝日ぎらい』(朝日新書)などの著書がある作家・橘玲氏と、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)などの著書があるネットニュース編集者の中川淳一郎氏が語り合った。(短期集中連載・第7回)

中川:在日コリアンや韓国の人たちを対象にヘイトスピーチを繰り返す人たちがいます。最近は以前ほど目立っていませんが、根強く続いているのが現状です。かつては「朝鮮人をガス室に送れ!」や「鶴橋大虐殺を実行します!」など過激な主張もありました。

基本的には韓国がいかにひどい国かといったことをアピールするのですが、彼らが拠り所にするのが「テキサス親父」と呼ばれるアメリカ人男性やスペイン人のデモ参加者など、日本を褒め称え、韓国を批判する海外、特に欧米から来た“味方”の人々です。

「日本人以外も我々の思想に共感しているし、韓国を批判しているんだぞ!」とばかりに、自分たちの意見が正しいということの証明に使おうとしています。エジプト出身のタレント、フィフィなんかも親日的な発言をするため、“味方認定”していますが、欧米系の人がより重宝されているような感覚があります。

橘:それは明治維新以来の欧米=白人コンプレックスそのものですよね。その象徴が、日本在住の白人が書いた嫌韓本がベストセラーになったことでしょう。内容的にはこれまで言われ尽くされた話ですが、日本人はもちろん、インド人や黒人が書いたってあんなに売れるわけはない。日本では「保守」や「右派」を自認する人ほど、自分の正しさを白人に認めてもらいたいという皮肉な逆説があります。

戦後の日本人のアイデンティティは、アジアにおいて自分たちだけが経済大国だというプライドだったのですが、1990年代以降それが崩壊してきた。中国が世界の最貧国だった頃は、「日本の援助でもう少し幸せになれるようにしてあげましょう」と右も左も言っていたのに、経済規模であっという間に抜かれ「自分たちこそ経済大国」と中国が言い始めると許せなくなるんですね。

韓国に関しても同じで、私が大学生だった頃は「韓国に旅行してきた」なんてぜったいに言えませんでした。それは韓国が貧しくて、日本人の男が妓生(キーセン)を買うために行くところだったからです。

中川:1991年、エイズ予防団体のポスターがありましたよね。目をパスポートで隠す背広姿の男性がいて、「いってらっしゃい エイズに気をつけて」というのが。つまり、海外で買春をする場合は性病に気をつけようと。あの時代ですか?

橘:それよりは少し前ですね。『深夜特急』で沢木耕太郎さんがバックパッカー旅行を香港から始めたのは、韓国からスタートできなかったからではないでしょうか。それは時代背景としてすごくよく分かる。隣国なんだから韓国から旅を始めたっていいわけですが、あの当時、自分探しの旅で韓国には行けなかったんです。

そんなステレオタイプを変えたのが、関川夏央さんが1984年に書いた『ソウルの練習問題』で、「韓国だって普通に旅できるんだよ」というのがものすごい衝撃だった。いまでは信じられないでしょうが、あれではじめて「韓国に行ってもいいんだ」と思いました。

その韓国も驚異的な経済成長を達成して、いまでは1人当たりGDPで日本に並ぼうとしています。嫌韓・反中の背景にあるのは、「日本はアジアで唯一の先進国」というプライドをずたずたにされたことでしょう。

慰安婦や徴用工など歴史問題の影響はもちろん大きいのですが、2000年代初頭の『冬のソナタ』などの韓流ブームで、日本の女の子が韓国の男性に夢中になったことへの嫉妬心もありそうです。でもそれを認めるのは悔しいから、いろんな理屈をつけて韓国叩きをやっているのではないでしょうか。

中川:以前、私が書いた原稿で、海外では日本人はもはや上客とみなされておらず、中国人と韓国人の方が客引きから声をかけられている、という一言を入れたら、ネットで猛烈に叩かれたんですよ。やっぱり変なコンプレックスがあるんですよね。

橘:白人に対するコンプレックスと、アジア人に対する優越感というのが日本人のアイデンティティの核なんでしょう。これがネトウヨというか、嫌韓反中ブームの本質かなと思います。

あわせて読みたい

「差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いじめ自殺 校長の一言に父怒り

    渋井哲也

  2. 2

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  3. 3

    島国日本のゴーン氏逮捕劇に懸念

    小林恭子

  4. 4

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏 日産巡る意見に驚き

    小林よしのり

  6. 6

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  7. 7

    日産社長のゴーン氏批判に違和感

    安倍宏行

  8. 8

    とんねるず亀裂? 石橋が激怒の噂

    女性自身

  9. 9

    ゴーン氏前妻 逮捕は当然の結果

    文春オンライン

  10. 10

    イッテQめぐり朝日がブーメラン

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。