記事

各紙は「自己責任」をどう報じたか? “2004年の安田さん”と“2018年の安田さん” ~14年前の「安田さん解放」と読み比べてみると~ - プチ鹿島

 前回、「14年前、誰が『自己責任論』を言い始めたのか? 『イラク3邦人人質』記事を読み直す」を書いた。多くの方に読んでいただいたが、私としては「新聞は時として推理小説にもなる」という新聞の楽しみ方を実践した回でもあった。

 自己責任論はどう拡がっていったか、政治家では誰が言いだしたか? 当時の紙面を読みなおす作業はドキドキした。

【写真】安田氏の会見翌日の各紙紙面

政治家が放った「自己責任論」が、2018年に復活

 その結果、小池百合子氏が口火をきり、閣僚達や自民党幹部(安倍晋三幹事長)がバトンを受け、満を持して小泉純一郎首相が人質になった3人(被害者)を批判した流れだったことがわかった。

2004年の安田純平氏 ©︎共同通信社

 こうなるともう人質3人は国家を敵に回した悪人のよう。

 世の人々も政治家のお墨付きがあるのだから、そりゃバッシングに遠慮もいらないだろう。政治家がバックにいる気分はよかっただろう。あのときの「成功体験」が今回の安田氏への自己責任論にも続いているのだと感じた。

 実は前回書き足らなかった部分があった。それは「2004年の安田純平」である。安田氏が前回拘束されたのも2004年のこの時期なのだ。  

14年前の「安田さん報道」はどんなものだったのか?

 批判の矛先は拘束された人の家族にも向けられていたのだが、当時の安田氏の記事はその検証例として絶好だった。

 まず、高遠菜穂子さん(ボランティア)、今井紀明さん(フリーライター)、郡山総一郎さん(カメラマン)の3名の人質の動向が注目されるなか、さらに次のニュースが飛び込んできた。

「日本人2人拘束強まる」(毎日新聞夕刊 2004年4月15日)

「また邦人か 混乱の夜」(読売新聞夕刊 同)

 拘束された1人は「安田純平さん」と書かれている。

「殴ってやりたい」の見出しから、何かが変わったか?

 そして3日後、無事解放された安田氏の家族が報道陣の取材に答えた。

 毎日新聞は「家族万歳そして涙」(2004年4月18日)

 読売新聞は「父『殴ってやりたい』」(同)

 報道陣に「何と声を掛けたいですか」と問われた安田氏の父は「バカ野郎、と殴ってやりたい」と答えた。それでも毎日新聞は「家族万歳そして涙」と書いたが、先の人質3名にも批判的だった読売は「父 『殴ってやりたい』」の部分を見出しにした。読売も紙面で安田氏を叱っていたのだろう。新聞によってどこを大きく報じるのかが面白い。

 そして今回、2018年である。

 安田純平氏の会見(11月2日)を新聞各紙はどう伝えたか。翌日の紙面を見てみよう。

 朝日。一面「安田さん『迷惑かけた 批判は当然』」。社会面「紛争地を見に行く存在、必要」

毎日。一面「紛争地の取材必要」。社会面「帰すか、殺してくれ」

東京。一面「紛争地取材は必要」。社会面「入国で『凡ミス』」「拘束『自業自得』」「虐待『彼らのゲーム』」

日経。社会面「紛争地取材は必要」

産経。一面「安田さん『批判当然』」。社会面「事実究明 私の責任」

読売。社会面「拘束『完全に私のミス』」

 どうだろうか。同じ会見を見て、安田氏のどの言葉を見出しにするのか。ここでも新聞の色が見える。

見出しから垣間見える、紛争地で人質になった人に対する態度

「紛争地の取材必要」をメインにしたのは毎日、東京、日経。「完全に私のミス」を立たせたのは読売。朝日はどちらも載せていた。

 読売は「拘束『完全に私のミス』」の見出しから、一貫して紛争地で人質になった人に対して批判的であることが行間からうかがえる。

 2004年当時の家族の報道を読みなおすと、安田氏が今回の会見でまず謝罪をしたのもわかる気がする。当時の「家族に対する世間の空気」がフラッシュバックしたに違いない。

「人質の家族」「PTSD」「メディアスクラム」

「人質の家族」については、安田氏より先に拘束された3人はもっと熾烈だった。

 3名が帰国したときの見出しが「沈黙の帰国 機中は厳戒態勢 うつむいたまま」(2004年4月19朝日新聞)

 これだけでもまったく「解放されてよかった」というムードが無いことがわかる。

 気になるのは「医師『情緒が不安定』」という小見出し。

《高遠菜穂子さんは「かなり感情の起伏が激しくなっている」と弟の修一さんが説明した。医師から「当時のことを思い出させないように」と言われているため、なるべく世間話をしているが、その最中にも泣き出すことがあるという。ドバイを出発するときに、カメラのフラッシュに足がすくんで歩けなくなったという」(2004年4月19 朝日新聞)

「PTSD」「メディアスクラム」という言葉が浮かぶ。

 ほかの二人の様子も「何か落ち着かない。手を握ってみたら、震えがあった」(郡山さんの母)とか、「ぼくと話をしていても、涙を浮かべることがあった」(今井さん兄)という状態。

 これらは7日間の人質生活の恐怖から発生したのだろうが、自分たちや家族への中傷も原因にあると考えるのが自然だ。

「他人の自己責任を責める」という不思議な現象

 紙面には識者の声として橋爪大三郎氏と斎藤貴男氏のコメントが載っていた。

《マスコミが感情的に家族を追いかけすぎた。家族たちが救出してほしい思いで、感情的発言をするのはやむを得ない。それを大きく取り上げたマスコミが答えがほしくて帰国を待ち受け、さらに3人を混乱させたのではないか》《3人は、日本国内で家族が中傷されていたことを聞いて、かなりストレスを感じたはずだ》(橋爪大三郎 東京工大教授・社会学)
《多くの人が日ごろの不満を、お上(政府)に従順でない人にぶつけて精神を安定させたのではないか》(斎藤貴男・フリージャーナリスト)
 2004年の斎藤貴男氏のコメントにハッとする。SNSがある今はさらに強い言葉は目立つ。「他人の自己責任を責める」という不思議な現象は2018年も続いている。

井上ひさし、14年前の「自己責任論」

 そんななか、次の記事が面白かった。

 朝日新聞デジタルで読んだ「宮城」版の記事だ。

「井上ひさしさん『自己責任論』に異議、生前に語る」(11月4日)

 朝日の宮城版もまた、2004年の言論状況を振り返っていたのである。

 そこで紹介されていたのが、

《仙台文学館(仙台市)初代館長で作家の故・井上ひさしさんは、当時の文章講座で「自己責任の言葉の使い方を間違っている」と語り、日本社会のあり方を問うていた》
 というエピソードだ。

 井上氏は2004年5月15日に開かれた文章講座の中で、おもむろに3人へのバッシングについて「あれ、間違いなんです」と切り出したという。

《講座によると、「責任」の語源は「レスポンス(応答)」のラテン語にあり、「ここで問題になるのは、誰が何を誰の前に応えるのか」と説明。法律の前で、神の前で、社会の前で、自分の前で……。そう例示した上で、「自己責任という言葉は自分の前でしか使えない。自分が使命感を持ったら、それを果たすのが自己責任。志を立てたのにやらなかったら自分が許さない」と語りかけ、イラクに行った3人は、逆に自己責任を果たしたことになると説いた》

「弱い者は弱い者でいなければならず……」

 自己責任という言葉は自分の前でしか使えない。なんというわかりやすい説明だろう。続けて、

《受講者から趣旨を確認する質問も出た。井上さんは「おまえの責任だ、と外側の言葉で使われ始めたのでおかしくなっている」と回答》
 こちらもわかりやすい。

 井上氏は人質になったうちの1人から記者会見の前に相談を受けたことを明かし、「一切の弁明をせず、現地の説明だけをしなさい」とアドバイスしたという。

「弱い者は弱い者でいなければならず、弱い者が意外な反撃をするとかさにかかってやっつける、というのが日本人の発想のクセになっている」

 あれから14年経った。

 井上ひさし氏の言葉は2018年の今こそ必要ではないだろうか?

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「安田純平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    なぜ金持ちはタワマンを嫌うのか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    Tシャツ騒動で悪化する日韓問題

    ヒロ

  5. 5

    音喜多氏 上田都議は対話を拒否

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    林修氏 人脈求めるさもしさ指摘

    キャリコネニュース

  7. 7

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  8. 8

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  9. 9

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    養老孟司氏「終活なんて現代病」

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。