記事

米ディズニー、7─9月期決算予想上回る 映画・テーマパーク好調


[8日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>の第4・四半期(7─9月)決算は利益と売上高が予想を上回った。映画「アントマン&ワスプ」のヒットのほか、夏季に傘下のテーマパークへの来場者が増えたことが追い風となった。

決算発表を受けディズニーの株価は時間外取引で1.7%高の118ドルとなっている。

ディズニー帰属の純利益は23億2000万ドル(1株当たり1.55ドル)と、前年同期の17億5000万ドル(同1.13ドル)から33%増加。一時項目を除く1株利益は1.48ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の1.34ドルを上回った。前年同期の1株利益は1.07ドルだった。

総売上高は143億1000万ドルと、127億8000万ドルから12%増加。アナリスト予想の137億3000万ドルを上回った。

部門別の売上高は、スタジオ部門が50%増の21億5000万ドルと、アナリスト予想平均の18億ドルを上回った。テーマパーク・リゾート部門は8.6%増の50億7000万ドルだった。

営業利益はテーマパーク部門が11%増の8億2900万ドル。スタジオ部門は5億9600万ドルと倍以上に増加した。

メディア・ネットワークス部門の営業利益は4%増の15億ドル。ABCの番組の売り上げの伸びなどが寄与した。

スポーツ専門チャンネル「ESPN」の契約者は、デジタルプラットフォームを通じた視聴への移行を背景に、減少が続いた。

こうしたシフトに対応するため、ディズニーは今年、テレビで視聴できないスポーツ中継やドキュメンタリー番組を楽しめるインターネットストリーミングサービス「ESPNプラス」を開始した。

2019年終盤には映画やテレビ番組を視聴できる家族向け娯楽サービス「ディズニープラス」も始める。

インベスティング・ドット・コムのシニアアナリスト、ハリス・アンワー氏は、ディズニープラスがネットフリックス<NFLX.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>に対抗できれば、ディズニーの株価を押し上げる可能性があると指摘した。

*内容を追加します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  7. 7

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。