記事

【読書感想】続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

1/2

続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)

Kindle版もあります。


続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)
  • 作者: 池田理代子,平田オリザ,彬子女王,大隅良典,永田和宏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/02/20
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

内容紹介
2017年2月刊行『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』の第2弾。
偉大な構成を残し、今なお挑戦し続ける各界の著名人たちの生きざまを、細胞学者にして歌人の永田和宏氏が、「天才の原点」を引き出す。

若き日の大きな決断の時、思い切って一歩を踏み出した瞬間、など生きていく上で道しるべとなる珠玉の言葉があふれた一冊。

第1章 池田理代子(劇画家・声楽家)
自分が今ここにある意味を見つけよう
「人間の一生のうち、自分がやりたいことにチャレンジできるチャン
スというのは、一回か二回巡ってくるかこないかだと思います」

第2章 平田オリザ(劇作家・演出家・青年団主宰)
わかりあえないことから
「コミュニケーション能力なんていうものは大したことはない。恐れ
ることはないんです」

第3章 彬子女王殿下(京都産業大学日本文化研究所専任研究員)
石橋を適当にたたいて渡る
「自分に対して嘘をつかない正直な生き方をすることを、留学を通し
て学んだ気がしております」

第4章 大隅良典(東京工業大学栄誉教授・2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)
知りたいという欲求
「信頼する人が面白いと言ってくれることだけで、相当な苦労もしの
げるようになります」

 前作『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』では、山中伸弥さんをはじめとする、各界のトップランナー4人の京都産業大学での講演+永田和宏さんとの対談が収録されていました。

fujipon.hatenadiary.com

 この「続」では、池田理代子さん、平田オリザさん、彬子女王殿下、大隅良典さんの京都産業大学での講演と永田和宏さんとの対談が収録されています。

 永田和宏さんは、「はじめに」で、こう仰っているのです。

私は、どんなに偉い人でも、初めからいまのように偉かったのではないという、当たり前のことをもう少し若い人たちに実感してもらうことが、ぜひとも大切なことなのではないかと考えている。

こんな人たちでも、10代の時は、あるいは20代、30代の時は、いまの自分たちと同じように、現在の自分に自信がなく、将来の自分に不安で、もがき、苦しんでいたのだということを知ることは、自分う存在を見つめ直すときの、一つの座標軸を与えてくれることになるだろう。

たとえ及ばなくとも、現在の自分に少し自信を与えてくれるはずだ。あるいは、ひょっとしたら自分でもあんな風な存在になれるかもしれない、とちょっとでも思ってもらえればうれしいのである。

そんな自分と同じだと感じてもらう一方で、しかし、彼らはどこかで<一歩>を踏み出したのだということも、ぜひ知って欲しい、感じて欲しいことである。彼らがいまあるのは、まちがいなく、人生のどこかで新たな一歩を踏み出したからである。

その一歩を踏み出す勇気と決断。それをもまた、ここに収めた講演と対談のなかから、多くの人に感じ取ってもらいたいところである。

 最近のネットをみていると、希望や野心を語る若い人たちを応援・称賛する人もいるけれど、その一方で、まだ「これから」である彼らに対して、「あなたは才能がなさそうだから、やめておいたほうがいい」と説得したり、「そんなこと、うまくいくわけがない」と嘲ったりする人も多いんですよね。

 「どうせ自分はあんな天才じゃないから」と、諦めてしまっている人もいます。

 気持ちはわかるのだけれど、この本を読んでみると、大きな仕事いた人たちも、けっして、約束されたレールの上を走っていたわけではなくて、懸命に試行錯誤を繰り返し、結果的にその「何か」をつかんだだけなんですよね。

 もちろん、同じようにやったら、みんながうまくいくほど甘いものではないけれど、宝くじだって、買わなければ当たらない。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    村感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  5. 5

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  6. 6

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  7. 7

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  8. 8

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  9. 9

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。