記事

米中間選挙 トランプ共和党下院敗北

アメリカの中間選挙が、これだけ日本でも注目されたことは、ないのではないでしょうか。それも、あのトランプ大統領の2年間への評価で、結果が世界に影響するからです。

アメリカの中間選挙は、6日投開票され、トランプ大統領と対立する野党の民主党が、下院で8年ぶりに多数派を奪還しました。トランプ大統領が、自分の選挙なみに応援に走った上院は、共和党が多数派を維持しました。

ねじれ議会になり、対立が一層深まるとみられています。日本時間の午後10時現在、下院435議席のうち、民主党が過半数を超える222、共和党が199の当選を確実にしました。下院で、民主党が過半数を超えたのは、これまであまり投票に行かなかった若者、女性などが、トランプ氏を、銃規制やMe Too運動等で批判し、投票をしたから、と言われています。

女性の当選者は、これまで最多で、その90%を民主党が占めている、とのこと。イスラム教徒の女性や先住民の女性も当選しました。予算は、下院から審議されるので、予算を伴う政策は実現しにくくなります。
一方、外交などは上院が権限を持っているので、トランプ氏は、外交や日米交渉も含む経済交渉などに、一層強気に出てくる、と予想されています。

トランプ氏は、上院での勝利を強調し、下院で敗れたことには触れず、素晴らしい結果だった、と自賛しています。2年後の大統領再選に向けて、敵を作って分断するトランプ氏のやり方で、予算などが通らず停滞すれば民主党のせいにするのだろう、とみられています。

この選挙結果は、勝敗をつけがたいとも言われますが、とにかく下院でブレーキがかけられることは成果だと思います。
民主党が過半数を超えたことで、米大統領選への介入を巡るトランプ陣営とロシアの共謀、司法妨害、巨額脱税などの、トランプ大統領を巡る多くの疑惑について、下院による調査が進むと見込まれていいます。証人喚問や証拠の提出を命じられるようになります。

一方、大統領の弾劾については、上院で3分の2の賛成が必要なので、実現はしないとのこと。若者が関心を持って行動し、結果が伴ったことは、将来に向けて明るい材料だと思います。トランプ氏が壊している民主主義や世界の秩序を回復できるように願っています。

あわせて読みたい

「米中間選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  2. 2

    置き配は危険? 生協ノウハウ学べ

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    ファミマCM 香取慎吾の異例ぶり

    篠田博之

  4. 4

    コンビニ撤退で買い物難民続出か

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    楽天が下克上 Tポイントの挽回も

    MONEY VOICE

  6. 6

    韓国で暴行の厚労官僚に「閉口」

    舛添要一

  7. 7

    朝日の元号社説は「典型的左派」

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    独身では人生を生き抜くのは困難

    MONEY VOICE

  9. 9

    経済見通しを下方修正しない日本

    近藤駿介

  10. 10

    貴乃花の絵本に兄・虎上が反応

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。