記事

第3四半期のフィリピンGDP、前年比+6.1% 3年ぶりの低い伸び


[マニラ 8日 ロイター] - フィリピン統計局が発表した第3・四半期国内総生産(GDP)は前年同期比6.1%増と、伸び率は2015年第2・四半期(6.0%増)以来3年ぶりの低水準となった。家計支出の弱さや輸出セクターと農業セクターの軟調が背景。

第3・四半期のGDPは、上方改定された第2・四半期の6.2%増、ロイターがまとめた予想中央値の6.3%増を下回った。

前期比では1.4%増加。伸び率は同じく上方改定された第2・四半期の1.5%を下回った。

ペルニア国家経済開発長官は統計発表後の会見で、家計支出の鈍化は一時的とみられるとした上で、「2018年通年の政府の成長率目標6.5─6.9%の下限を達成するには、第4・四半期のGDP伸び率が最低でも7%になる必要がある」と指摘した。

今回の統計を踏まえると、フィリピン中央銀行がインフレ抑制に向けて、すぐに利上げを実施する可能性は低いとみられる。中銀は次回の政策会合を15日に開く。

同中銀は来年にインフレ率を目標の2─4%の範囲に抑えるため、直近4会合で計150ベーシスポイント(bp)の利上げを実施している。

INGのシニアエコノミスト、ニコラス・マパ氏は、15日の会合で0.25%の利上げを予想していたが、追加利上げは見送りと修正。「追加利上げの見送りで経済には一息つく余裕が生まれ、第4・四半期に6%超の成長軌道を取り戻すことができる」との見方を示した。

一方キャピタル・エコノミクスのアジア新興国エコノミスト、アレックス・ホルムズ氏は、年間の成長率見通しを6.5%から6.2%に引き下げた。これは政府の目標レンジを下回る水準で、第3・四半期の減速を理由に挙げた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。