記事

先月死亡した売春宿経営の米共和党候補、ネバダ州議会選で勝利


[7日 ロイター] - 6日行われた米ネバダ州議会選で、先月死亡した売春宿経営者のデニス・ホフ氏(当時72)が民主党候補を破って勝利した。

州の選管当局が明らかにしたもので、得票率は約68%だった。同氏の議席には同じ共和党の代替候補が割り当てられるという。

ホフ氏は米国のピンプ(売春部の元締め)を自認し、米国で唯一売春が合法と認められているネバダ州でストリップクラブを保有するとともに、複数の売春宿を経営。地元の地名をもじって「パーランフのトランプ」と自称していた。3度の離婚歴と「ピンプの美学」という著書がある。

6月にロイターとのインタビューに応じた際には、自分の政治運はトランプ大統領のそれと並行すると語り、「これはまさしく、トランプ運動だ。人々は、正直者を当選させるため、倫理観や信念、宗教的信条をとりあえず脇におくだろう」と話していた。

地元ナイ郡保安当局によると、ホフ氏は先月16日、ネバダ州クリスタルの所有地内で死亡しているのを発見された。選挙陣営のマネージャーはツイッターで、72歳の誕生パーティーの数時間後、友人らがホフ氏を起こしに行ったところ死亡していたと投稿した。死因は明らかでない。マネージャーは、就寝中に死亡したと思われると投稿している。

あわせて読みたい

「米中間選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

  4. 4

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  5. 5

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  6. 6

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  8. 8

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  9. 9

    高須院長 大阪W選の自共に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。