記事

いじめ等に対応に課題 文科省に緊急要望

1/2
・写真は、自民党文部科学部会の様子(自民党本部で)

 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。8か月後の来年7月の参院選に向けて、自民党から第一次公認を頂きました。引き続き国家国民のため、全力を尽くす所存です。

 11月7日(水)、国会では終日参議院予算委員会が開催され、第1次補正予算等の審議が行われました。夕刻、本会議があり、全会一致で可決成立しました。9,356億円の支出が決まり、災害支援、学校のブロック塀や空調設備の整備に遣われることになります。

●いじめ事案の対応に課題

11月7日(水)朝8時から1時間余り、自民党本部において、文部科学部会が開催されました。議題は、最近のいじめ事案と文科省の児童生徒問題行動・不登校調査についてです。


 今年度、全国新聞に掲載されたいじめ事案だけで、表の通り11事例にものぼります。その中で、問題が多い3事例について、文科省から報告を聴取しました。

⑴神戸市立中学3年女子自殺事案

平成28年10月6日に神戸市立中学校3年生の女子生徒が近所で倒れているのが発見され、学校は調査を実施し、「手書きメモ」を作成していたにもかかわらず、教育委員会首席指導主事(当時)が校長と競技して、隠蔽を指示していた事例です。

 文科省が認識している神戸市教育委員会の対応の問題点は、「手書きメモ」について、神戸市教委の首席指導主事が校長(当時)へ隠蔽を指示したものとの非難を免れないもので、御遺族への対応を含め、本事案に係る業務を首席指導主事のみに任せており、神戸市教委として対応方針の組織的なチェックや指導がなされていない点でした。

文科省からの指導事項は、平成30年6月5日に担当室長を神戸市教委に派遣し、事実関係を確認するとともに、以下の点について指導を行ったとのことです。

<指導事項>

・神戸市教委の組織運営体制及び学校におけるいじめ防止等の組織体制を見直すこと。

・本件同様の不適切な対応に関する再発防止策を講じること。また、再発防止策については文部科学省に報告を行うとともに、その内容について市内の全教職員に対して周知徹底を図ること。

・「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」に則り、本事案の情報の隠蔽に関わった教育委員会及び学校の職員の懲戒処分を検討すること。

・神戸市教委は、市長部局における再調査に誠実に協力すること。

神戸市教育委員会では、その後の対応として、平成30年7月、本事案における一連の不祥事の背景等の分析及びあるべき組織体制、また、教職員による不祥事の根絶に向けた再発防止策を検討するため、神戸市教委に「組織風土改革のための有識者会議」を設置しました。9月11日、中間とりまとめを公表(教育委員会事務局の組織体制及び事務執行管理について)。今後、11月下旬を目途に、不祥事の根絶に向けた再発防止策をとりまとめる予定だとのことです。

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  6. 6

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  7. 7

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  10. 10

    米長官 中国への関税撤廃を提案

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。