記事

コワモテの絵本作家「ヨシタケ」の妄想力

ヨシタケシンスケは、40歳でデビューした遅咲きの絵本作家だ。半年間のサラリーマン生活では、ストレスがたまるたびに、小さな紙に絵を描き続けた。30代はイラストレーターとして、“鳴かず飛ばず”の日々。転機となったベストセラー『りんごかもしれない』を生み出したきっかけは、自らの子育て経験だった。大人気絵本作家は、どうやって物語を作っているのだろうか――。

(写真提供=毎日放送)

“鳴かず飛ばず”の30代

今、絵本好きの間で一大ブームを巻き起こしている絵本作家、ヨシタケシンスケは、40歳でデビューした遅咲きだ。ヨシタケの絵本は、妄想を交えたちょっぴりおかしな発想と癒やされる絵で、大人でも「クセになる」と話題になっている。出す本全てが記録的な売り上げを達成し、今年の全国12万人の小学生が選ぶ「“こどもの本”総選挙」では、4冊が10位以内にランクインした。

イラストレーターとして活動をしていた30代は鳴かず飛ばず。自らの子育て経験を通じて40歳の時に初めて出した絵本『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)がいきなりベストセラーになった。

「絵の奥行きや叙情などでは勝負できない分、新しいものの見方の提案とか、人が言いにくいことを言ってみるとか、付加価値を付けないといけないと思ったんです」とヨシタケは語る。

10月21日放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」では、8カ月間にわたって密着取材を敢行。ヨシタケの創作の根っこにあるというネガティブな感情の原点や、子育ての中で湧くインスピレーションを絵本にするまでの舞台裏を紹介した。

身長181センチ、丸刈りにコワモテの素顔

2018年3月、取材は自宅の仕事場からはじまった。机に向かうヨシタケを撮影していると、当人がなにやら不安そうな顔をしながら、おもむろにカメラマンに尋ね出した。

ヨシタケ「テ、テ、テープですよね」

どうやら、取材カメラのテープが切れるタイミングが気になって仕方ないらしい。

ヨシタケ「『ちょうどいい感じのことしゃべってるな、オレ』ってなった瞬間に、『テープ切れるかも』って思うんですよね。常に最悪のことしか思い浮かばない。これはもう心の癖なので……(笑)」

昔から恥ずかしがり屋で人見知り、おまけにかなりの心配性だ。誰かと待ち合わせをする時には、約束の時間よりずっと早く到着しないと落ち着かない。

40歳で絵本作家としてデビューして6年。発表した12冊はどれも高く評価され、今や「大ヒットメーカー」「児童書業界をけん引する存在」と言われる大人気作家となったヨシタケだが、行く先々ではやたらに腰が低く、常に181cmの長身は猫背気味だ。

大ヒット絵本は「次男のおもらし」から生まれた

この日は、5月に発売された『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)の印刷前の最終チェックをしていた。おしっこをちょっぴりもらしてお母さんに怒られてばかりの男の子を描いた作品で、モデルはヨシタケの次男だそうだ。

ヨシタケ「トイレ行って帰ってきたら“ジワーーッ”と。それを見て嫁が心底ため息をついていて思いついた話です」

1973年神奈川県茅ヶ崎の生まれ。妻と育ち盛りの2人の男子と4人暮らしをしている。外食はめったにせず、毎朝毎晩家族そろって食卓を囲む。ヨシタケにとっては、こうした日常こそが発想の原点でありインスピレーションの宝庫らしい。たとえば考えごとをする時に、子供はつい鼻をほじるものだ。「一体その理由はなんだろう」というテーマで1冊描いたこともある。

小さな原画を拡大して絵本に

仕事部屋で新作のラフスケッチを見せてもらうと、その小ささに驚かされた。絵本は一般的に、大きく描かれた原画を小さくして作られるが、ヨシタケの場合は原画が小さすぎるため、パソコンに取り込んで拡大するのだ。

巨大な手から生み出される、小さな小さな原画。しかも、線は恐ろしく薄い。訳を尋ねると、大学を卒業後に、半年だけ経験したサラリーマン生活が関係しているらしい。仕事のストレスがたまるたび、周囲に気がつかれないように、こっそり小さなイラストを描いて発散していたそうだ。そのせいで、大きな絵が描けなくなってしまった。書くのは妄想や、ふと気づいたこと。毎日のように書きためたイラストは7000枚を超え、絵本作家となった今では、大切な創作メモとなっている。

絵本が出来上がると、まず家族に見せる。妻と二人の息子が全員集合して新作絵本を読み感想を伝え合うのがヨシタケ家の恒例行事だという。

新作は「にくむ本」妄想から絵本が生み出される瞬間

2018年7月、ヨシタケは少々厄介な企画を抱えて出版社に向かった。ラフスケッチには、「にくむ本」と書かれていた。生きていれば誰だって大嫌いだと感じる相手に出会うことがある。そんな人を嫌う気持ち、憎む気持ちを肯定する本を作りたい。しかし、それを絵本にするとなると……?

「今回は大人向けの絵物語にしなければ成り立たない」と、当初のヨシタケは思い描いていた。だが、編集者からは真逆の意見が出る。

《困難なテーマだからこそ子供向けの絵本で表現してみませんか》

あらためて、表現の方法を模索し始めたヨシタケ。答えが見つけられずに堂々巡りをするなか、一家はキャンピングカーを借りて、久々の休日を過ごすことになった。仕事から解放された家族とのひととき。リラックスモードで小さなスケッチブックに筆を走らせていると……天啓はこんな時に降ってくるものだ。

「あ……、個人を憎むのではなく、その個人を動かしている何かを憎めばいいんじゃない? 憎しみの矛先をちょっと変えればいいんだ。そうすれば絵本にしても大丈夫かもしれない」

企画はゴーサインでも安心できない

最初の提案からひと月あまり、アイデアを練り直したラフスケッチを手に、再び出版社を訪れた。タイトルは『ころべばいいのに』。

主人公の女の子には嫌いで嫌いでたまらない男の子がいる。
しょっちゅうイヤなことばかり仕掛けてくるアイツ……
あるときふとこう考える。
ひょっとしたら影でアイツを操っている「何か」がいるのかも。
その「何か」がアイツに嫌がらせをさせて、彼女のため息や怒りや悲しみをお金に換えているに違いない……だったらめげないことが仕返しだ!

必死のプレゼンの結果、企画にはゴーサインが出た。でも、まだ安心はできない。なにせ編集者は厳しいのだ。

「大事なものって何だろう」

ある日、カフェでスケッチにいそしむヨシタケがふっと顔を上げ、ワクワクが止まらない様子で、スタッフに話しかけてきた。

ヨシタケ「新しい絵本の企画ができましたよ。うふふ。あのね、どんなことを考えたかというと……」

イラストを交えながら、取材ディレクターを前にちゃめっ気たっぷりで話し始める。

ヨシタケ「“インタビュー星人”っていうのが出てきてね。地球人に密着取材し、根掘り葉掘り聞くんですよ。なのに、終わってできあがったら全部火の中に捨てちゃうんです。やってきたこと全部お蔵入り。そうすると撮った側も撮られた側も嫌な気分になりますよね。それって、なんで嫌なんだろうと考えると、地球人は“残す”ということに価値を置いているということがわかるんです。そうすると“大事なものって何だろう”というテーマの本ができるんです」

お見事! ヨシタケいわく、妄想でストーリーを紡いでいく中で、本の根幹にかかわる部分を発見する瞬間が何より大切なのだそうだ。

こうして、絵本作家ヨシタケシンスケは今日もヘンテコなことを考えている。大人も子供も夢中にさせる内気な天才は、これからも豊かな妄想力で私たちを未知の世界に連れて行ってくれるのだろう。

「情熱大陸」はスポーツ・芸能・文化・医療などジャンルを問わず各分野で第一線を走る人物に密着したドキュメンタリー番組。MBS/TBS系で毎週日曜よる11時放送。MBS動画イズムで無料見逃し配信中。過去の放送はこちら。https://dizm.mbs.jp/title/?program=jounetsu

----------

山口幸隆ヨシタケシンスケ
絵本作家
1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了後、半年ほどのサラリーマン生活を経て、昼間は広告美術やコマ撮りアニメの人形製作、夜はイラストを描く仕事を14年続ける。40歳の時『りんごかもしれない』で絵本作家デビュー。第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞。『りゆうがあります』『もうぬげない』『このあとどうしちゃおう』ほか著書多数。

----------

(「情熱大陸」(毎日放送))

あわせて読みたい

「ベストセラー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。