記事

杉田水脈氏の「生産性」文章は戦前の大日本生産党を連想させる

作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏

思想史研究者・慶應大学教授の片山杜秀氏

 杉田水脈衆議院議員による、LGBTには生産性がないから税金を使う支援をする必要はないという主張は、大きな波紋を広げ、いまだに様々な形で世間を賑わせている。「生産性」というキーワードについて、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏と思想史研究者・慶應大学教授の片山杜秀氏が語り合った。

佐藤:自民党の衆議院議員である杉田水脈が『新潮45』(8月号)で〈LGBTのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり生産性がないのです〉と主張して、批判が殺到しました。9月にまたも杉田擁護の特集(10月号)を組み、世間を騒がせ、結局休刊騒動に至ってしまった。

片山:経済成長と人口増加が好循環で支え合う。経済成長は一般に消費者と労働者の増加を前提としてきたから、両方が右肩上がりでこそうまく行く。でも平成に入り、そのモデルがすっかり崩れた。そこで普通に考えると、出産が減るのは、産みたくても産みにくい社会環境があるという議論が先行すべきなのに、杉田議員は同性愛カップル等の話に行き、しかもLGBT支援と呼ばれるものの実態認識も不十分と思われ、さらにコミンテルンの陰謀論まで入ってくる。

佐藤:あの人たちは真実の歴史はネット上にしかないと考えていますからね。

片山:そういう国会議員は近年増加していますね。

佐藤:私は杉田論文で書かれた“生産”というキーワードにファシズムとの親和性を感じました。分配よりも、生産に力を入れるという発想は戦前結成のファシスト政党である大日本生産党を連想させる。

片山:でも杉田本人はまったく無自覚でしょう。

佐藤:そうなんです。資本主義、新自由主義は格差を生み出し、人々をバラバラにしてしまう。それに対抗するには、バラバラになった国民を国家が束ねるしかない。それなのに杉田は、行政が生産性のない人間を支援するのはおかしいと訴えた。現政権が目指す方向性とは逆の主張です。

片山:だから、自民党の仲間の議員たちの杉田擁護も控えめになった。

佐藤:とはいえ、生殖は国家存続、人類の存続にとって非常に重要な問題です。きちんとしたレトリックを用いれば、違った形で受け止められたかもしれない。たとえば「失われる命を少しでも減らす努力をすることも人口を増加させるために考えるべきです」と昨今の児童虐待を絡めて説明すれば、受け止められ方はまったく違ったはず。

片山:仰る通りです。高収入の同性愛のカップルが養子をとって子供に高い投資をしている海外の実例でも紹介すれば、子供の生産性の話を展開できるのに、議論に戦略がなさすぎます。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主な著書に『国家の罠』『自壊する帝国』など。片山杜秀氏との本誌対談をまとめた『平成史』が発売中。

●かたやま・もりひで/1963年生まれ。慶應大学法学部教授。思想史研究者。慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。『未完のファシズム』で司馬遼太郎賞受賞。近著に『「五箇条の誓文」で解く日本史』。

■構成/山川徹、撮影/小倉雄一郎

※SAPIO2018年11・12月号

あわせて読みたい

「杉田水脈」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  5. 5

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  6. 6

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    安倍内閣の数え切れぬ不信任理由

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。