記事

妊婦加算、妊婦の7割「知らない」 制度には根強い不満「少子化推進するつもりか」

今年4月から、妊婦の医療費負担が増える「妊婦加算」が始まった。病名や診療科に関わらず、自己負担3割の場合は、初診料で約230円、再診で約110円が上乗せされる。検査や薬の処方に当たって特別な配慮が必要になるため、というのが、加算が始まった理由だ。

開始から半年以上が経っているが、制度を知らない人は多い。カラダノートが10月末に発表した、妊婦1781人を対象にした調査では、制度を知っている人は25.9%に留まった。過半数の56.2%は聞いたこともないという。

「妊娠を隠す女性を増やしかねない」と危惧する人も

妊婦加算、いまだに知らない人が多数

また67.4%は制度に反対している。「出産以降もお金がかかるので負担が増えるのは嫌」「少子化を懸念するならむしろ逆効果」というのが主な理由だ。

ネットでは「妊婦税」「これは国として社会保障費で負担すべき」と反発する声が相次いでいる。「少子化推進するつもりか」、「持病持ちや授乳中も該当するんじゃないの?」という不満の声もあった。妊婦でなくても、持病がある人や特定の薬にアレルギーがある人、いつも飲んでいる薬がある人に対しては、診察・処方に配慮が必要だ。なぜ妊婦だけが加算されるのか疑問に思うのも当然だ。

診察後に妊娠していることがわかった場合には加算されないという性質も、不満を広げている一因だ。ネットユーザーの中には「妊娠を隠す女性を増やしかねない」と懸念する人もいた。医療費を削減するために妊娠を隠して受診すれば、適切な配慮が受けられない恐れもある。

妊婦の診察で負担が増える医師のために診療報酬を上乗せするのはわかる。しかし、妊婦本人に負担を求めるのは問題ではないか、という指摘も多い。ただでさえ妊娠・出産に費用が掛かるのだから、少子化対策のためには、妊婦の医療費を軽減するような制度があってもいいのではないだろうか。

あわせて読みたい

「妊婦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  4. 4

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  5. 5

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  6. 6

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  7. 7

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はトップレベルドメインで信頼性担保を

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。