記事

紅白・紅組司会者は2人に、総合司会は4人に絞られたか

【NHK紅白の司会に浮上した綾瀬はるかと広瀬すず】

 一年の締めくくりとなるNHKの『紅白歌合戦』。今年は特に「平成最後」という節目でもあり、それにふさわしい出演者や演 出が期待される。しかし、例年なら11月上旬~中旬に発表される司会者が未定という声も聞こえてきて──。

 昨年は引退を表明していた安室奈美恵さん(41才)の出演もあり、瞬間視聴率は高かったものの、平均視聴率は39.4%と、2部制になった1989年以降の歴代ワースト3位だった。

 白組の司会は嵐の二宮和也(35才)、紅組の司会は朝ドラ『ひよっこ』のヒロインを務めた有村架純(25才)、総合司会は『LIFE!~人生に捧げるコント~』に出演する内村光良(54才)が務め、3人とも安定した司会ぶりを見せた。今年も同様に、「嵐とNHKに関係が深いかたが、有力候補です」(NHK関係者)と言う。

 まずは白組。昨年が二宮、一昨年が相葉雅紀(35才)と嵐のメンバーが2年連続で司会を務めており、今年も嵐のメンバーだというのが有力だ。

「今年は松本潤さん(35才)でしょう。2020年の東京五輪イヤーまで嵐が交代で司会を務めるといわれていますから。来春NHKでスタートするドラマ『永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』でマツジュンの主演が決まっているので、間違いないでしょう」(芸能関係者)

 文句なし、全会一致というふうに決まった白組に比べ、紅組の司会者選びは難航。最終候補は2人。綾瀬はるか(33才)と広瀬すず(20才)だという。

「綾瀬さんは来年の1月から、前回の東京五輪をテーマにした大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で、主人公を演じる中村勘九郎さん(37才)の妻役で出演します。ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の人気ぶりも含め、まず名前があがったそうです」(スポーツ紙記者)

 綾瀬は2013年と2015年、過去に2度の紅組司会の経験もある。

「台本のせりふを忘れたり、出演者の名前を言い間違えるなど天然ぶりを披露しましたが、それを含めて視聴者からは高評価でした。今や若手No.1人気の“大女優”です。平成最後の年にふさわしいのは綾瀬さんでしょう」(別のNHK関係者)

 一方、広瀬を熱望する声も少なくない。綾瀬が大河なら、広瀬は来年4月スタートの朝ドラ『なつぞら』のヒロイン。戦争で両親を失った少女が北海道で育ち、アニメーションの世界に挑戦する役を演じる。

「司会の力量は未知数です。しかし、NHKはここ数年、若者に見てもらうことを最大のキャスティング理由にしています。マンネリ感を出さないためにも、広瀬さんの起用を支持する声も多い。今年の紅白も確かに節目ですが、朝ドラもこの『なつぞら』が記念すべき100作目。関係者は、幸先のいいスタートを切るためにも、広瀬さんの司会で話題作りを先行させたいと考えているのです。両番組とも紅白でアピールしたいため、今、NHK内では綾瀬派と広瀬派が本気のガチンコ真っ二つのバトルを繰り広げています」(前出・NHK関係者)

◆“内々定”といわれているのは「新顔」

難航しているのは総合司会も同様だ。大物タレント4人が打診されているというが…。1人目は昨年の功労者、内村だ。

「トークがうまく、アドリブ力も抜群。昨年、けがをおして欅坂46とコラボしたダンスを披露したことも話題になりました。『LIFE』の他に『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)人気もありますし、大本命。しかし、今年は難しそうです。奥さんの徳永有美さん(43才)が10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターになって、家族で過ごす時間が減っています。年末年始くらいは家族でゆっくり過ごしたいと考えているようです」(前出・芸能関係者)

 2016年に紅白でコンビを組んだ2人にも声がかかっているという。

「タモリさん(73才)とマツコ・デラックスさん(46才)です。2人は架空の夫婦という設定で出演して話題を呼びました。ただ、タモリさんは毎年行っている正月のパーティーを優先させたいようですし、マツコさんも紅白の司会となると自分の武器である毒舌を発揮できないと前向きではない」(テレビ局関係者)

 一方で、“内々定”ともいわれ、名乗りを上げているのはナインティナインの岡村隆史(48才)だ。岡村は今年の4月からスタートしたクイズバラエティー『チコちゃんに叱られる!』にレギュラー出演している。

「番組は毎回、平均視聴率15%をたたき出す人気で、岡村さんは新たなNHKの顔になりつつあります。司会力も充分で人当たりもいい。条件は整っています。本人もやる気だそうですよ」(番組制作会社関係者)

※女性セブン2018年11月22日号

あわせて読みたい

「紅白歌合戦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。