記事

検査データ改ざんのKYB、2019年3月期4-9月決算が大幅赤字に転落

 11月6日、検査データの改ざんで揺れるKYB(株)(TSR企業コード:290030463、東証1部)は2019年3月期第2四半期決算を公表した。

 4-9月期の累計業績(連結)は、国内外の建設機械市場が活発だったことから、売上高は2,027億8,900万円(前年同期比7.0%増)だった。損益は、免震・制振用オイルダンパーの検査データ改ざんに伴い製品保証引当金繰入額144億2,500万円を計上。また、これらの製造・販売を手掛ける連結子会社のカヤバシステムマシナリー(株)(TSR企業コード:291153704)の有形固定資産の減損を実施し、20億4,300万円の損失を計上した。

さらに、アメリカ子会社に提起されていた集団訴訟で、一部原告との和解費用約43億円を計上したため、当期純利益は119億7,200万円の赤字(前年同期は72億3,900万円の黒字)となった。

 製品保証引当金は免震装置7,550本、制振装置3,378本を対象に計上。引当金144億2,500万円の内訳は、免震装置分は交換用製品の製造原価と工事費用として約127億円、制振装置分は製造原価約17億円。交換工事に伴う商業施設などの休業補償や制振装置の工事費用は、現時点での算出が困難なため計上していない。

アメリカ子会社の集団訴訟について、KYBの担当者は東京商工リサーチの取材に「(今回の和解は)残念ながら全面解決ではない。今後、さらに関連損失が出ないと言い切ることは出来ない」と話した。損失が出る可能性への引当金は、現時点で計上されていない。

 なお、今回公表の4-9月期損益計算書(連結)で、金融費用が14億4,500万円(前年同期は5億2,300万円)と大きく膨らんだ。これは「増加分の大半は為替差損が占めている。支払利息の増加はない」(KYBの担当者)と説明している。

 また、KYB Europe Headquarters B.V. (以下、KEH オランダ)を解散すると発表した。KEHオランダは、ヨーロッパ地域の統括会社で、解散に伴い2019年3月期通期決算で28億円をその他の収益に計上する予定。KYBの担当者は、「ヨーロッパ地域の効率化を目的に2年前から再編の検討を進めていた」とし、今後のさらなる再編の可能性について「現時点で明確にみえているものはない」とコメントした。

あわせて読みたい

「決算発表」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  3. 3

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  7. 7

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    沢尻被告「つながりを一切断つ」

    AbemaTIMES

  9. 9

    神田沙也加・元夫への非難に疑問

    いいんちょ

  10. 10

    宗教の垣根超えた中村医師の活動

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。