記事

国語辞典の編纂者、調べてみた系まとめサイトを痛烈批判「無内容で調べ物の邪魔」「見た目だけ文章に見える文章ゾンビ」

国語辞典編纂者の飯間浩明さんは11月6日、いわゆる"まとめサイト"に、ツイッターで苦言を呈した。まとめサイトと言えば、かつてはキュレーション型の記事が多かった。しかし最近では、「◯◯について調べてみました!」と、筆者自らが情報を集めて書こうとする「トレンドブログ」と呼ばれるスタイルも増えている。飯間さんはこうしたサイトについて、

「〇〇について調べてみました!式のまとめサイト、無内容な上に長文で、調べ物のじゃまになるので、何とかならないかと思います」

とコメント。飯間さんについての記事もあったが、内容が完全に間違っていたという。

多くのまとめサイトは広告収入を目的に記事を量産している。アクセス数を伸ばすことが優先され、記事の内容は二の次だ。芸能人のゴシップをまとめたサイトでは、タレントの恋人や家族について、ネット上の情報を集めてつなげたような記事が並んでいる。

「文章が愚弄されている感じが痛ましい」「レポートだって可を取ろうと努力する」

芸能人の噂を並べたまとめサイトも

まとめサイトの文章について飯間さんは「授業でいやいやレポートを書くことは誰にもありますが、せめて『可』を取ろうと努力する。まとめサイトには、その努力もない『不可』の文章があふれています」と批判している。

これらのツイートには、「ゴシップサイトブロッカー」や「ノイズレスサーチ」などを使うよう勧める人もいる。まとめサイトの記事末尾に「いかがでしたか?」という文言が入っていることが多いため、「いかがでしたか?」を検索避けするという提案もあった。

しかし飯間さんは、そうした回避策を知りたかったわけではないという。

「私たちが日常読む文章の水準は優劣さまざまですが、少なくとも意味を伝えようとしている。その姿勢が最初からない文章の出現に驚いているわけです」

「ある種のまとめサイトでは、筆者の言いたいことも、読者の受け取る意味もほとんどないのに、見た目だけ文章に見える文章ゾンビを生産している。文章というものが愚弄されている感じが、痛ましいのです」

まとめサイトでは、ライターが1文字1円に満たない対価で記事を書いていることも少なくない。より多くの収入を得るためには、内容よりもとにかく文字数を書くことが必要になってくる。こうした中で生み出される「文章ゾンビ」に、国語辞典編纂者が心を痛めるのは頷ける。

こうしたサイトに不満を持っている人は多いようで、ツイッターでは「そういうサイトに限って検索すると上位に来る」「最後にいかがでしたか?って書かれるとめっちゃ腹立つ」といった声が出ていた。

あわせて読みたい

「日本語」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。