記事

国語辞典の編纂者、調べてみた系まとめサイトを痛烈批判「無内容で調べ物の邪魔」「見た目だけ文章に見える文章ゾンビ」

国語辞典編纂者の飯間浩明さんは11月6日、いわゆる"まとめサイト"に、ツイッターで苦言を呈した。まとめサイトと言えば、かつてはキュレーション型の記事が多かった。しかし最近では、「◯◯について調べてみました!」と、筆者自らが情報を集めて書こうとする「トレンドブログ」と呼ばれるスタイルも増えている。飯間さんはこうしたサイトについて、

「〇〇について調べてみました!式のまとめサイト、無内容な上に長文で、調べ物のじゃまになるので、何とかならないかと思います」

とコメント。飯間さんについての記事もあったが、内容が完全に間違っていたという。

多くのまとめサイトは広告収入を目的に記事を量産している。アクセス数を伸ばすことが優先され、記事の内容は二の次だ。芸能人のゴシップをまとめたサイトでは、タレントの恋人や家族について、ネット上の情報を集めてつなげたような記事が並んでいる。

「文章が愚弄されている感じが痛ましい」「レポートだって可を取ろうと努力する」

芸能人の噂を並べたまとめサイトも

まとめサイトの文章について飯間さんは「授業でいやいやレポートを書くことは誰にもありますが、せめて『可』を取ろうと努力する。まとめサイトには、その努力もない『不可』の文章があふれています」と批判している。

これらのツイートには、「ゴシップサイトブロッカー」や「ノイズレスサーチ」などを使うよう勧める人もいる。まとめサイトの記事末尾に「いかがでしたか?」という文言が入っていることが多いため、「いかがでしたか?」を検索避けするという提案もあった。

しかし飯間さんは、そうした回避策を知りたかったわけではないという。

「私たちが日常読む文章の水準は優劣さまざまですが、少なくとも意味を伝えようとしている。その姿勢が最初からない文章の出現に驚いているわけです」

「ある種のまとめサイトでは、筆者の言いたいことも、読者の受け取る意味もほとんどないのに、見た目だけ文章に見える文章ゾンビを生産している。文章というものが愚弄されている感じが、痛ましいのです」

まとめサイトでは、ライターが1文字1円に満たない対価で記事を書いていることも少なくない。より多くの収入を得るためには、内容よりもとにかく文字数を書くことが必要になってくる。こうした中で生み出される「文章ゾンビ」に、国語辞典編纂者が心を痛めるのは頷ける。

こうしたサイトに不満を持っている人は多いようで、ツイッターでは「そういうサイトに限って検索すると上位に来る」「最後にいかがでしたか?って書かれるとめっちゃ腹立つ」といった声が出ていた。

あわせて読みたい

「日本語」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  4. 4

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  5. 5

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  6. 6

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  7. 7

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  8. 8

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  9. 9

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。